アメリカン、リチウム電池取外し不可のスマートバッグを1月から禁止 | FlyTeam ニュース

アメリカン、リチウム電池取外し不可のスマートバッグを1月から禁止

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

アメリカン航空は2018年1月15日(月)から、取り外しのできないリチウム電池を搭載したスーツケース「スマートバッグ」または「スマートラゲッジ」の預け入れ、機内持ち込みを禁止すると発表しました。

スマートバッグは、スマートフォンなどを充電できるUSBポートやGPS、Bluetooth、重量を測定し持ち込み制限を確認できるなどの便利な機能のついたスーツケースで、過去数カ月の間で人気が上がり、ホリデーシーズンのプレゼントとしても人気のアイテムになると予想されています。

しかし、今回、スマートバッグが搭載するリチウム電池が貨物室で発火のリスクがあるとされることから、安全管理とリスクマネジメントの一環で、リチウム電池を取り外せないスマートバッグの預け入れ、持ち込みが禁止されます。

ただし、現在のアメリカ連邦航空局(FAA)の規則に従い、リチウム電池を外せるスマートバッグは電池を外すことで機内預け入れが可能なほか、電源をオフにすることで機内持込みが可能です。

これらの規則は、アメリカン航空、アメリカン・イーグル便に適用されます。詳しくは、アメリカン航空のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/01/15から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加