飛騨エアパーク、冬季の管理体制を発表  保全工事は3月初旬まで実施 | FlyTeam ニュース

飛騨エアパーク、冬季の管理体制を発表  保全工事は3月初旬まで実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

岐阜県高山市に所在する農道離着陸場「飛騨エアパーク」は、2017年度冬季の管理運営について、日程を公表しました。

2017年度は、2017年12月16日(土)から2018年2月28日(水)までの週休日と祝日には、職員が非常駐となります。また、2017年12月29日(金)から2018年1月3日(水)までの期間も同様です。

飛騨エアパークでは、急を要する場合は電話での連絡を受け付けるほか、ヘリポートは常時機能するように除雪を行う例年通りの体制とします。

なお、2018年3月9日(金)まで施設保全工事を実施しており、工事関係車両の出入りがあり、エアパーク利用時は注意を呼びかけています。詳しくは、岐阜県のウェブサイトを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加