スクート、2018年後半にシンガポール/ベルリン線を開設へ 週4便 | FlyTeam ニュース

スクート、2018年後半にシンガポール/ベルリン線を開設へ 週4便

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:スクート、イメージ

スクート、イメージ

シンガポールの格安航空会社(LCC)、スクートは2018年後半にシンガポール/ベルリン線を開設すると発表しました。運航は週4便、機材は787ドリームライナーを使用する予定で、現在、政府の認可待ちとなっています。

シンガポール航空グループとしてのドイツ路線はデュッセルドルフ、フランクフルト、ミュンヘンに続いて4路線目となります。なお、シンガポール/ベルリン線の販売開始は2018年上旬の予定です。

2017年7月にスクートとタイガーエア・シンガポールが合併後、スクートは長距離路線の事業計画を拡大しており、6月に就航したシンガポール/アテネ線に加え、12月19日(火)に就航するシンガポール/関西/ホノルル線の予約も好調に推移しています。

スクートはベルリン線でも魅力的な価格を提供するとともに、唯一、同一キャリアで日本からヨーロッパへ行くことのできるLCCであることから、これからもネットワークを拡大し、新たな選択肢を提示していきたいとコメントしています。

スクートは現在、16カ国62都市へネットワークを拡大しており、12月19日(火)就航のホノルル線に加え、2018年2月にはクアンタン(マレーシア)線の開設も予定しています。詳しくは、スクートのウェブサイトを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加