スミス・ディテクション、成田空港にCTX 9800爆発物探知システム導入へ | FlyTeam ニュース

スミス・ディテクション、成田空港にCTX 9800爆発物探知システム導入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

スミス・ディテクションは2017年12月4日(月)、成田国際空港に機内持ち込み手荷物スクリーニングを目的とする20台のハイスピード「CTX 9800 DSi」爆発物探知システム(EDS)を受注したと発表しました。

この契約で2019年から2022年まで、従来のCTXシステム27台に替わり、新型CTX 9800の20台が設置される予定です。新型の導入で機内持ち込み手荷物スクリーニングはより速く、より効果的に、より少ない拠点から実施可能になります。契約は、スミス・ディテクションのエンジニアによる現場ネットワークの性能、システム稼働時間を最大限の状態に保ち、最低10年間に渡る予防保全サービス、メンテナンスサービスが含まれています。

成田空港は日本の主要国際空港の1つで、国内の国際旅客輸送の50%、国際航空貨物輸送の60%を扱っています。スミス・ディテクションは10年近く、成田空港と共同で機内持ち込み手荷物スクリーニング機能の強化に対応してきました。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加