イスラエル空軍、F-35IアディールのIOC獲得を宣言 | FlyTeam ニュース

イスラエル空軍、F-35IアディールのIOC獲得を宣言

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:イスラエル空軍 F-35I

イスラエル空軍 F-35I

イスラエル空軍は2017年12月6日(水)、F-35Iアディールの初期作戦能力(IOC)獲得を宣言しました。ネバティム空軍基地に配備されたF-35Iアディールは9機で、その統合、訓練の完了をイスラエル空軍は宣言し、パイロット、整備士の訓練、航空機を維持する物流や支援システムを含めたF-35の作戦支援能力が確認されています。

イスラエルは2010年10月、アメリカ政府との有償援助(Foreign Military Sales:FMS)による調達でF-35A通常離陸型の導入について署名し、F-35調達プログラムで重要なマイルストーンの達成となりました。

イスラエルのF-35プログラムは、F-35Aを50機、さらにイスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(IAI)のF-35A主翼製造が含まれています。また、エルビット・システムズはすべてのF-35向けにパイロットが着用するジェネレーションIIIヘルメット搭載ディスプレイシステムを開発しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加