ANA、国内線777-200ERで新シート採用-4月下旬に受領予定 | FlyTeam ニュース

ANA、国内線777-200ERで新シート採用-4月下旬に受領予定

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

全日空(ANA)は2012年6月1日から、国内線のサービスをリニューアルし、「Inspiration of Japan」のコンセプトでサービスを導入しますが、それに先立ち777-200ER型の国内線仕様に新シートを装備します。この新機材は2012年4月下旬に受領を予定しています。

新シートはプレミアムクラスで傾斜が130度になるリクライニングを採用したシート。本革素材を採用し、体が滑りにくいエンボス処理を施したものです。また、これまでと比べ130%の大型テーブルを採用したほか、仕切り板の設置、離着陸時にも利用できる小物入れ、USB充電ポートが設置されます。

普通席は市松模様のシートカバーを採用し、機内空間を明るいイメージにリニューアル。複合素材が使われ、これまでよりも94%の重量になって軽量化が図られています。

なお、エコノミークラスではブラジル産のブルボン種豆をブレンドしたドリップコーヒーが無料で提供されます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加