チノ航空ショー&ロサンゼルス懇親会 | 2012年5月4、5日

チノ航空ショー 2012&懇親会(ロサンゼルス)

チノ航空ショー&懇親会を5/4.5にお知らせした通り、開催しました!
航空ショーで体験したワクワク感をレポートで少しでもお伝えできればと思います。(もちろん、全てをお伝えするにはほど遠いですが^^;)

開催概要

2012/05/04 アメリカ・ロサンゼルス - 懇親会
2012/05/05 アメリカ・チノ - チノ航空ショー見学

開催報告

5月4日 FlyTeam 懇親会

ロサンゼルス国際空港の撮影スポット、「Imperial Hill」のすぐ近くのホテル「エンバシー スイーツ LAX インターナショナル エアポート サウス」で、19:30よりスタッフ含め5名の参加でした。
懇親会ではチノ航空ショーでメインになる「ウォーバーズ(WARBIRDS)」の話から、DC-8の時代のエンジンの話やら昔から脈々と続く航空関連の話で盛り上がりました。翌日のショーに向けて参加メンバーの期待も膨らみました!

5月5日チノ航空ショー 2012

日本ではゼロ戦がフライトする航空ショーとして知られるチノ航空ショーですが、ウォーバーズ(WARBIRDS)が一同に空を舞うとあって多くの人が詰めかけました。駐車場からショー会場に到着するまでにも、今では見ることのできないさまざまな飛行機がそこかしこに保管、今後の整備を待つ飛行機たちを見ることができました。
チノ エアショー 2012(FlyTeam イベント)

アメリカ空軍のコンステレーション

そして会場へ到着すると、アメリカ空軍のコンステレーションの内部見学に列ができていたり、オールドファッションでショーを彩る女性も会場に現れ、まさにお祭り気分が楽しめます。

オールドファッション

ショーが開催される午前11時までは、フライトラインに入って自由に飛行機を見学することができます。実際、多くの人がこれから飛ぶ名機たちを間近に見学しています。見ている人たちも、航空機の歴史を詳しく説明している熱烈なウォーバーズ・マニアから、休日を過ごしに来たひとたちまでと、多くの人が思い思いにショーが始まるまでの時間を楽しんでいます。

飛行ショーの開催はまず、アメリカ国歌「The Star-Spangled Banner(星条旗よ永遠なれ)」の斉唱から。その後、B-25、F4Uなどが飛び立ち、ショーが11:00よりスタートしました。さっそく、会場からは歓声があがり、現在でもフライトができるウォーバーズたちのショーを楽しみます。

会場では日本から来た人たちとも遭遇。やはり目的は零戦の飛行をみること。1940年代のエンジンをそのまま保管、飛行できることが一番の魅力で、このためだけにアメリカへ見に来る価値はあります。そして、今年の零戦の飛行はカマリロから2機が参加し、合計3機での飛行でした。

ゼロ戦 三機が集結

零戦のフライトは「The Pacific Theater」と命名されているショーの時間で、これ以外にもF6F、F3Fなど約20機が一挙に上空を舞い、見応え十分。チノ空港の周辺を周回しているので、撮影をするにもいつ近くに来るかが一目瞭然なので、ショーそのものを楽しむ人にも撮影をメインにする人にもたのしめる構成になっているところは、参加した人たちに満喫してもらおうという主催者の意気込みが感じられます。

その後は、ジェット機のフライト。といってもリアジェット24で、ジェット機の速さがよくわかるショー。スピードは抑えて飛んでいるようですが、レシプロ機と比べるとその速さは一目瞭然。休憩を挟んだ後も、続々と名機がフライト。中にはN9Mフライイングウィングといった日本ではお目にかかれないステルス機のような飛行機がフライトする様子も見る事ができます。ちなみに、この飛行機は上部が黄色、腹部が青に塗装され、上空でどちらの面を見せているかも分かるようになっている面白い航空機です。

ロッキードP-38ライトニング、F-4ファントムII

ロッキードP-38ライトニング、P-51ムスタング、F-4ファントムIIが編隊飛行するシーンも披露されました。主力機として現役時代には見られない編隊で、現在でも「生きた航空機」としてフライトできるように大切に保管しているからこその夢のコラボレーションも堪能できました。

午後4時までのショーが終る頃には多くのかつて空を彩った航空機たちが目の前を飛ぶ姿を目の当たりにして、タイムスリップをした、あるいは今でも世界中の空で活躍しているかのような錯覚を覚えるくらいに満喫できる航空ショーでした。

参加メンバーさん、スタッフ

今回は、急遽企画したもので、日程的な問題・告知期間・告知方法に関して、不十分な点もありました。
今後も各地の航空ショーにFlyTeamメンバーの皆様と一緒できるような企画を考えたいと思います。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

チノ空港の航空フォトは、こちら

開催案内

以下の案内は、募集時の内容です。
現在は、募集しておりません。

ロサンゼルスにて「チノ航空ショー」への参加ならびに懇親会を開催します。
航空ショーのみの参加でも、懇親会のみの参加でも、もちろん結構です。

FlyTeam スタッフはロサンゼルスに5月4日に到着し、以下のホテルに3泊滞在します。
懇親会は4日と5日の2日間、開催します!

スタッフ 滞在ホテル
エンバシー スイーツ LAX インターナショナル エアポート サウス
1440 E Imperial Ave El Segundo, CA 90245 アメリカ合衆国
・このホテルは、LAXの飛行機撮影ポイント通称「インペリアルパーク」から、徒歩10分程度のホテルです^^


◇FlyTeam 懇親会
5/4 19:30 - 21:30 滞在ホテル内アトリウムレストラン(費用:実費各自負担)
5/5 20:00 - 21:30 滞在ホテル内アトリウムレストラン(費用:実費各自負担)


◇チノの航空ショーの参加について
5/5、5/6とも 07:00ごろスタッフ滞在ホテルを出発し、チノ空港へ。
帰りは17:00ごろ出発して、ホテルへ戻る予定。
・移動費、航空ショーチケット、食事代は、すべて各自個人負担。
・ロサンゼルス-チノ空港までは移動は、レンタカーを予定しています。(おひとり約5千円程度)
・5/6は、参加希望者が少ない場合は、実施しないことがあります。

◇参加申込
上記の航空ショー、懇親会に参加したい方は、まで、参加希望のご連絡をお願いします。

チノ航空ショーの参加締切:4/20[金](日本時間)まで
レンタカーの座席数に限りがありますので、
早めに終了する場合、ご希望に添えない場合がございます。

5/4、5/5懇親会の参加締切:前日17:00まで(現地ロサンゼルス時間)まで

宛にご連絡をいただきましたら、必ず折り返しご連絡(メール)を差し上げます。
必ずFlyTeamからの返信メールを確認の上、ご参加ください。

もしご質問などがございましたら、までお気軽にご連絡ください。

参考URL
チノ航空ショーのオフィシャルサイト
LAXの飛行機撮影ポイント(FlyTeam)
海外航空券予約サイト一覧(FlyTeam)
海外ホテル予約サイト一覧(FlyTeam)
エンバシー スイーツ LAX インターナショナル エアポート サウス(エクスペディア)

◇注意:この企画は、旅行ツアーの募集ではありません。現地でのイベントの企画のみです。
ご旅行中に関しては、各個人の責任において行動していただくようにお願いします。
旅行保険への加入を強くお薦めします。

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加