イベリア航空、成田/マドリード線に就航 初便は水のアーチで歓迎受ける - Airbus A340-600 | FlyTeam ニュース

Airbus A340-600

エアバスAirbus A340-600の機材・機種に関する情報です。

メーカー
エアバス
シリーズ
Airbus A340

イベリア航空、成田/マドリード線に就航 初便は水のアーチで歓迎受ける

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:成田空港に初めて飛来したイベリア航空のA340-600

成田空港に初めて飛来したイベリア航空のA340-600

  • ニュース画像 2枚目:航空局の消防車による水のアーチで歓迎
  • ニュース画像 3枚目:久しぶりに成田空港に到着するイベリア航空
  • ニュース画像 4枚目:新規就航を祝い、イベリア航空ガジェゴ会長兼CEOに花束
  • ニュース画像 5枚目:成田/マドリード線就航の記念式典

イベリア航空は2016年10月19日(水)、マドリード発成田着の初便IB6801便が成田空港に到着し、着陸後に航空局の消防車による水のアーチで歓迎を受けました。この初便はA340-600の機体記号(レジ)「EC-LEV」で、乗客は330名が搭乗していました。

この路線は成田/マドリード線で唯一の直行便となり、成田発は月、水、土、マドリード発火、金、日の週3便で運航します。イベリア航空のアジア路線は、2015年6月に開設されたマドリード/上海線に2路線目となります。

新規就航に際し、イベリア航空のルイス・ガジェゴ会長兼CEOは「成田、日本への就航を経て、新路線開拓とお客様へのサービスへの積極的な投資を行う、収益性の高い新しいイベリア航空への改革を推進して参ります」とコメントしています。

イベリア航空は、成田線の就航にあわせ、日本/ヨーロッパ路線でJAL、ブリティッシュ・エアウェイズ、フィンエアーとの共同運航事業を開始したほか、この路線はJALとのコードシェア便として運航します。

なお、成田/マドリード線で年間9万席を提供し、日本からスペインへのアクセスを高め、マドリードを経由して、バルセロナ、ビルバオ、グラナダ、セビリアを含むスペイン国内30都市、ヨーロッパ58都市、アフリカ8都市、ラテンアメリカ20都市、アメリカ5都市へのアクセスを提供します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加