フランス空軍、16機目のA400M配備 初の16トン貨物投下能力 - エアバス A400M アトラス | FlyTeam ニュース

エアバス A400M アトラス

エアバス A400M アトラス(Airbus A400M Atlas)の航空機 機種情報です。

メーカー
エアバス
シリーズ
A400M アトラス

フランス空軍、16機目のA400M配備 初の16トン貨物投下能力

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:A400M

A400M

フランス空軍は2019年12月4日(水)、16機目のA400Mを受領し、オルレアン・ブリシー空軍基地の1/61空輸航空団 「トゥーレーヌ」に配備しました。

16機目のA400Mは、16トンの貨物を投下できる初のA400Mです。建設機械などを投下でき、破壊された飛行場に投下し、早期に滑走路の修復にあたることが出来るようになります。

さらに、プローブアンドドローグ方式の空中給油を備えた最初のA400Mでもあり、ラファールやミラージュ2000などの戦闘機やA400Mに給油できます。この機体の導入により、フランス空軍の輸送能力が大幅に向上します。

2019年は、1度の航過飛行で空挺隊員50名を片側のサイドドアから降下したり、ヘリコプターに対する給油テストも実施しました。フランス空軍は2015年からA400Mを運用し、2017年に西インド諸島を襲ったハリケーン「イルマ」では救援物資の輸送で活躍しました。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加