T-38タロン後継のT-Xはコストを重視 要求仕様を発表 - アレーニア・アエルマッキ | FlyTeam ニュース

アレーニア・アエルマッキ

アレーニア・アエルマッキが製造した航空機の機材・機種シリーズ一覧です。

T-38タロン後継のT-Xはコストを重視 要求仕様を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:アメリカ空軍のT-38タロン

アメリカ空軍のT-38タロン

  • ニュース画像 2枚目:BAEホークMk.2
  • ニュース画像 3枚目:アレーニア・アエルマッキM-346
  • ニュース画像 4枚目:KAI T-50

アメリカ空軍は、2015年3月20日、T-38タロン練習機の後継機となるT-Xの要求仕様を発表しました。

アメリカ空軍の戦闘機パイロットを養成するT-38タロン練習機は、1961年に運用開始された機体で、最近の第4世代から第5世代戦闘機のパイロットを養成するのが困難になっています。実際、戦闘機や爆撃機のパイロットになるための18の課目のうち12課目は、T-38で訓練できないため、運用コストの高い実戦機を使用して訓練しています。

T-Xについては、デボラ・リー・ジェームズ空軍長官が初めて主導する案件で「コストカーブを下げる」ことが大きなテーマになっています。そのため産業界と協議を深めるため、通常より約10カ月も早く要求仕様を発表しました。

計画ではT-X 350機を2017年秋に契約し、2023年末までに初期運用能力(IOC)獲得を目指します。

T-Xは各メーカーが受注を目指していますが、コストが抑えられているため新規開発が敬遠され、BAEシステムズのホークやKAIのT-50、アレーニア・アエルマッキM-346など海外で開発された機体を、アメリカのメーカーが製造する案が提案される見込みです。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー
  • << 前のニュース
  • 次のニュース >>

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加