イスラエル空軍、M-346 vs F-16C/Dの空戦訓練 - アレーニア・アエルマッキ | FlyTeam ニュース

アレーニア・アエルマッキ

アレーニア・アエルマッキが製造した航空機の機材・機種シリーズ一覧です。

イスラエル空軍、M-346 vs F-16C/Dの空戦訓練

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:M-346ラビ練習機

M-346ラビ練習機

  • ニュース画像 2枚目:イスラエル空軍のF-16Dバラク

イスラエル空軍は、2016年3月10日付で、新しい練習機M-346ラビ(Lavi : ヘブライ語でライオンの意味)とF-16C/Dバラク(Brarak : 雷)による空中戦訓練の模様を紹介しています。

M-346を使用するのは訓練飛行隊の「フライングタイガース」飛行隊で、若いパイロット達が搭乗しました。一方F-16C/Dを使用するのは、実戦経験豊富な「バレー」飛行隊で、パイロットとWSO(後席の兵装システム士官)も経験豊富です。

若いパイロットと経験を積んだパイロットの空中戦では、経験豊富なバレー飛行隊側が圧勝かと思われましたが、29年間も運用されて知り尽くされたF-16C/Dに対して、2014年から導入されたばかりのM-346は小型で未知の部分が多く、バレー飛行隊を驚かせる能力を発揮したようです。

また、経験の浅いパイロット達も経験者にない発想で立ち向かい、参加した両飛行隊のパイロットともに「エキサイティングで有意義な訓練だった」と話しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー
  • << 前のニュース
  • 次のニュース >>

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加