ロシアのTu-95が日本列島を周回、航空自衛隊の戦闘機が対応 - Beriev A-50 | FlyTeam ニュース

Beriev A-50

ベリエフBeriev A-50の機材・機種に関する情報です。

メーカー
ベリエフ
シリーズ
Beriev A-50

ロシアのTu-95が日本列島を周回、航空自衛隊の戦闘機が対応

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:12月21日に確認されたロシアのツポレフTu-95ベアー

12月21日に確認されたロシアのツポレフTu-95ベアー

  • ニュース画像 2枚目:ロシアのイリューシンA-50早期警戒機
  • ニュース画像 3枚目:TU-95が日本周回、A-50が管制活動

統合幕僚監部は2015年12月21日(月)、ロシア機の日本周回と日本海の飛行を行ったと発表しました。ツポレフTu-95ベアー、イリューシンA-50早期警戒機が飛来したもので、これに対応し航空自衛隊の戦闘機が緊急発進しました。

ロシア機はTU-95の2機がウラジオストク方面から日本海を南下し、若狭湾付近から西に移動し、対馬海峡を抜けさらに南下し、沖縄本島を過ぎてから太平洋に出た後に北上しました。日本の海岸線沿いを北上し根室沖で宗谷方面に向きを変えた後、再び日本海で南下し、牡鹿半島付近でロシア方面に戻りました。

A-50もウラジオストク方面から飛行してきており、奥尻島の西で周回し、南下した後に再びロシアへ戻りました。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加