ボーイング 737-600 航空機 徹底ガイド

ボーイング 737-600

ボーイング 737-600(Boeing 737-600)の航空機種情報です。
メーカー:ボーイング シリーズ: 737NG

ボーイング 737-600 航空機ガイド

ボーイングが製造した737-600に関する航空機(飛行機)ガイドです。 航空ファンなら気になる737-600に関する製造航空機(68機)、ニュース記事(12本)、飛行機写真(航空フォト:276枚)、搭乗記・口コミ(6件)、就航路線(214路線)を提供しています。

ボーイング 737-600について

ボーイング 737-600は、ボーイングが製造する第3世代の737「737ネクストジェネレーション(NG)」の1機種です。737NGシリーズで最も小型な機体で、全長は31.20メートル、座席仕様は2クラスで110席、1クラスで132席を搭載できます。

初飛行は1998年で、2006年までに69機が製造されていますが、ボンバルディアやエンブラエルのリージョナルジェットと競合し、販売数が伸びず、2012年に生産を終了しています。ローンチカスタマーはスカンジナビア航空で30機を導入しましたが、2019年11月30日に完全退役しています。このほか、カナダのウェストジェット、チュニジアのチュニスエアなども導入しています。

エンジンは、737-900ERを除く737NGシリーズで採用されている、CFMインターナショナルのCFM56-7B型が搭載されています。コクピットは、大型の液晶画面を装備したグラスコクピットが採用され、後に左席のみオプションでヘッドアップディスプレイ(HUD)も装備できるようになっています。

初飛行日 1998年1月22日
座席数 110〜132席
航続距離 5,648km
製造機数 69機
製造終了年 2012年
ローンチカスタマー スカンジナビア航空
日本で使用する航空会社 なし

ボーイング 737-600 投稿・登録状況

登録機体数
68機
ニュース記事
12本
航空フォト
276枚
搭乗レビュー
6件
運航路線数
214路線
派生型
737NG 737-600 | 737-700 | 737-800 | 737-900
ICAO機種コード
B736
FlyTeamでは、航空ファンのための「ボーイング 737-600」の飛行機ガイドを目指しています。 航空ファン・飛行機好きの皆さんからの航空フォトや搭乗レビューをお待ちしています。

ボーイング 737-600 記事

ボーイング 737-600の航空・飛行機に関するニュース記事 12件が配信されています。

ボーイング 737-600 航空フォト(飛行機 写真・画像)

現在、ボーイング 737-600の航空フォト(飛行機 写真・画像)は、276投稿されています。

ボーイング 737-600 搭乗レビュー

ボーイング 737-600の搭乗レビュー 6件が投稿されています。以下、新着搭乗レビューです。

航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

メニューを開く