ボーイング 737-800 航空機 徹底ガイド

ボーイング 737-800

ボーイング 737-800(Boeing 737-800)の航空機種情報です。
メーカー:ボーイング シリーズ: 737NG

ボーイング 737-800 航空機ガイド

ボーイングが製造した737-800に関する航空機(飛行機)ガイドです。 航空ファンなら気になる737-800に関する製造航空機(5,122機)、ニュース記事(1,094本)、飛行機写真(航空フォト:286,139枚)、搭乗記・口コミ(4,226件)、航空イベント(67件)、就航路線(7,907路線)を提供しています。

ボーイング 737-800について

ボーイング737-800は、ボーイングが製造するベストセラー機種のうち、737ネクストジェネレーション(NG)の1機種です。旅客機の製造機数が多いものの、ビジネスジェット、軍用、貨物専用の仕様もあります。

737-800は、737-700より胴長で座席を多く搭載可能です。燃費効率の良さ、航続距離、搭載する座席数のバランスの良さから、短距離から中距離の定期便航空路で多く使用されている機種です。初の納入機は機体記号(レジ)「D-AHFA」として1998年12月28日、ハパック ロイド フルーク、現在のトゥイフライに引き渡しされました。

787の開発で得たノウハウを活かし、機内の快適性を高めるボーイングスカイインテリアが初めて採用されたのも737-800で、この初号機はフライドバイに納入された機体記号(レジ)「A6-FDJ」でした。日本でも当時のスカイネットアジア航空、現在のソラシドエアやスカイマークがこの仕様の機材を運用しています。

ビジネスジェットとしては比較的大きな機材として使用でき、ベッドルーム、リビング、会議室を設けることができます。軍用では哨戒機としてP-8ポセイドンとしてアメリカ海軍、インド海軍、オーストラリア空軍、イギリス空軍などに採用されています。

初飛行日 1997年7月31日
推奨客席数 180席
航続距離 5,665km
製造機数 現在、製造中 5,000機超
ローンチカスタマー ハパック ロイド フルーク、現在はトゥイフライ
日本で使用する航空会社 日本航空、全日空、スカイマークなど

ボーイング 737-800 投稿・登録状況

登録機体数
5,122機
ニュース記事
1,094本
イベント
67件
航空フォト
286,139枚
搭乗レビュー
4,226件
運航路線数
7,907路線
派生型
737NG 737-600 | 737-700 | 737-800 | 737-900
ICAO機種コード
B738
FlyTeamでは、航空ファンのための「ボーイング 737-800」の飛行機ガイドを目指しています。 航空ファン・飛行機好きの皆さんからの航空フォトや搭乗レビューをお待ちしています。

ボーイング 737-800 記事

ボーイング 737-800の航空・飛行機に関するニュース記事 1,094件が配信されています。

ボーイング 737-800 イベント情報

ボーイング 737-800のこれから開催されるイベント情報 5件が登録されています。

ボーイング 737-800 航空フォト(飛行機 写真・画像)

現在、ボーイング 737-800の航空フォト(飛行機 写真・画像)は、286,139投稿されています。

ボーイング 737-800 搭乗レビュー

ボーイング 737-800の搭乗レビュー 4,226件が投稿されています。以下、新着搭乗レビューです。

航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

メニューを開く