ボーイングP-8 ポセイドン 航空機 徹底ガイド

ボーイングP-8 ポセイドン

ボーイングP-8 ポセイドン(Boeing P-8 Poseidon)の航空機種情報です。
メーカー:ボーイング シリーズ: 737NG

ボーイングP-8 ポセイドン 航空機ガイド

ボーイングが製造したP-8 ポセイドンに関する航空機(飛行機)ガイドです。 航空ファンなら気になるP-8 ポセイドンに関する製造航空機(138機)、ニュース記事(138本)、飛行機写真(航空フォト:1,580枚)、航空イベント(44件)を提供しています。

ボーイングP-8 ポセイドンについて

P-8ポセイドンは、信頼性の高いボーイング737-800型機の性能を活用し、P-3オライオンの後継機として開発された哨戒機です。ボーイング737-800ERXの胴体、737-900の主翼を基に開発されました。

胴体後部にウェポンベイ、主翼下にハードポイントを設けるなど大幅な改良が加えられています。アメリカ海軍向けは磁気探知機(MAD)を装備していませんが、MQ-4Cトライトンと連携して洋上監視を行うことが想定された航空機です。最大機数を運用するアメリカ海軍は、長距離対潜・対地哨戒機として、情報収集、監視・偵察、捜索救助などの任務に対応しています。

採用国は2021年6月現在、アメリカ、オーストラリア、インド、イギリス、ノルウェー、韓国、ニュージーランド、ドイツの8カ国です。

このポセイドンは、ボーイング737NGと86%の共通性を備えています。このためボーイングは製造面、整備支援ともに民間商用機と多くの部品を流用でき、サプライチェーンのスケールメリットを活かすことができる点も強調しています。

ボーイングP-8 ポセイドン 投稿・登録状況

登録機体数
138機
ニュース記事
138本
イベント
44件
航空フォト
1,580枚
派生型
737NG 737-600 | 737-700 | 737-800 | 737-900 | C-40 | P-8 ポセイドン
ICAO機種コード
P8 | B738
FlyTeamでは、航空ファンのための「ボーイングP-8 ポセイドン」の飛行機ガイドを目指しています。 航空ファン・飛行機好きの皆さんからの航空フォトや搭乗レビューをお待ちしています。

ボーイングP-8 ポセイドン 記事

ボーイングP-8 ポセイドンの航空・飛行機に関するニュース記事 138件が配信されています。

ボーイングP-8 ポセイドン イベント情報

ボーイングP-8 ポセイドンのこれから開催されるイベント情報 1件が登録されています。

ボーイングP-8 ポセイドン 航空フォト(飛行機 写真・画像)

現在、ボーイングP-8 ポセイドンの航空フォト(飛行機 写真・画像)は、1,580投稿されています。
メニューを開く