ボーイング 737-400 航空機 徹底ガイド

ボーイング 737-400

ボーイング 737-400(Boeing 737-400)の航空機種情報です。
メーカー:ボーイング シリーズ: 737

ボーイング 737-400 航空機ガイド

ボーイングが製造した737-400に関する航空機(飛行機)ガイドです。 航空ファンなら気になる737-400に関する製造航空機(625機)、ニュース記事(110本)、飛行機写真(航空フォト:29,416枚)、搭乗記・口コミ(371件)、航空イベント(5件)、就航路線(47路線)を提供しています。

ボーイング 737-400について

ボーイング 737-400は、737シリーズの第2世代「737クラシック」の1機種です。このクラシックではもっとも胴体の長いモデルで、全長は36.40メートル、最大座席数は188席です。1988年2月に初飛行し、第3世代の「737ネクストジェネレーション(NG)」の登場により、2000年に製造が終了しています。

ボーイング 737-400のローンチカスタマーはアメリカのピードモント航空で、1989年3月に機体番号(レジ)「N404US」を導入しています。日本の航空会社にも導入され、日本航空(JAL)、JALエキスプレス、日本トランスオーシャン航空(JTA)、エアーニッポン(ANK)、AIRDO、ソラシドエアに導入され、JALでは「フラワージェット」、ANKでは「アイランドドルフィン」の愛称で親しまれました。

エンジンは、CFMインターナショナルのCFM56-3Bが搭載され、第1世代型と比べて燃費向上と騒音軽減を実現しています。コクピットにはボーイング 767やボーイング 757の技術が導入され、4面のCRTディスプレイが装備されたほか、コンピュータ制御による操縦が可能となりました。

初飛行日 1988年2月19日
最大座席数 188席
航続距離 5,000km
製造機数 486機
製造終了年 2000年
ローンチカスタマー ピートモンド航空
日本で使用した航空会社 日本航空(JAL)、JALエキスプレス、日本トランスオーシャン航空(JTA)、エアーニッポン (ANK)、AIRDO、ソラシドエア

ボーイング 737-400 投稿・登録状況

登録機体数
625機
ニュース記事
110本
イベント
5件
航空フォト
29,416枚
搭乗レビュー
371件
運航路線数
47路線
派生型
737 737-100 | 737-200 | 737-300 | 737-400 | 737-500
ICAO機種コード
B734
FlyTeamでは、航空ファンのための「ボーイング 737-400」の飛行機ガイドを目指しています。 航空ファン・飛行機好きの皆さんからの航空フォトや搭乗レビューをお待ちしています。

ボーイング 737-400 記事

ボーイング 737-400の航空・飛行機に関するニュース記事 110件が配信されています。

ボーイング 737-400 航空フォト(飛行機 写真・画像)

現在、ボーイング 737-400の航空フォト(飛行機 写真・画像)は、29,416投稿されています。

ボーイング 737-400 搭乗レビュー

ボーイング 737-400の搭乗レビュー 371件が投稿されています。以下、新着搭乗レビューです。

ボーイング 737-400 過去のイベント情報

ボーイング 737-400のイベント情報(過去) 5件が登録されています。

航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

メニューを開く