ボーイング747-300 航空機 徹底ガイド

ボーイング747-300

ボーイング747-300(Boeing 747-300)の航空機種情報です。
メーカー:ボーイング シリーズ: 747 ジャンボジェット

ボーイング747-300 航空機ガイド

ボーイングが製造した747-300に関する航空機(飛行機)ガイドです。 航空ファンなら気になる747-300に関する製造航空機(88機)、飛行機写真(航空フォト:2,924枚)、搭乗記・口コミ(25件)、航空イベント(2件)を提供しています。

ボーイング747-300について

ボーイング 747-300は、「ジャンボジェット」の愛称で知られるボーイング747の1機種です。特徴として、2階客室部分が7.11メートル延長されており、この客室部分は、ストレッチド・アッパー・デッキ(SUD:Stretched Upper Deck)と呼ばれています。これにより、登場した時点で世界最大のキャパシティを持つ旅客機でした。

1982年に初号機がロールアウトし、その後スイス航空に納入されました。キャセイパシフィック航空やタイ国際航空、カンタス航空、南アフリカ航空など各国のフラッグシップが発注しましたが、アメリカの航空会社は発注しませんでした。

日本では日本航空(JAL)が導入し、ニューヨーク線やロンドン線などの国際線に投入されました。また、JALは日本の国内線仕様に製造されたボーイング 747-300SRを、国内線の幹線に投入しています。JALが導入した747-300SRは当時、世界最大の座席数の483席仕様で、1995年に導入した2機は、584席仕様となっています。

派生型として、後部客室部分を貨物室にしたボーイング 747-300コンビが開発され、エア・インディアや南アフリカ航空、KLMオランダ航空などが運航しました。また、747クラシックと呼ばれている747-100や747-200を改造し、 747-300と同様の胴体にしたケースもあります。

初飛行日 1982年10月5日
推奨座席数 3クラス400席
航続距離 11,720キロメートル
製造機数 81機
製造終了年 1990年
ローンチカスタマー スイス航空
日本で使用した航空会社 日本航空(JAL)

ボーイング747-300 投稿・登録状況

登録機体数
88機
イベント
2件
航空フォト
2,924枚
搭乗レビュー
25件
ICAO機種コード
B743
FlyTeamでは、航空ファンのための「ボーイング747-300」の飛行機ガイドを目指しています。 航空ファン・飛行機好きの皆さんからの航空フォトや搭乗レビューをお待ちしています。

ボーイング747-300 航空フォト(飛行機 写真・画像)

現在、ボーイング747-300の航空フォト(飛行機 写真・画像)は、2,924投稿されています。

ボーイング747-300 搭乗レビュー

ボーイング747-300の搭乗レビュー 25件が投稿されています。以下、新着搭乗レビューです。

ボーイング747-300 過去のイベント情報

ボーイング747-300のイベント情報(過去) 2件が登録されています。
メニューを開く