ボーイング747SP 航空機 徹底ガイド

ボーイング747SP

ボーイング747SP(Boeing 747SP)の航空機種情報です。
メーカー:ボーイング シリーズ: 747 ジャンボジェット

ボーイング747SP 航空機ガイド

ボーイングが製造した747SPに関する航空機(飛行機)ガイドです。 航空ファンなら気になる747SPに関する製造航空機(45機)、ニュース記事(19本)、飛行機写真(航空フォト:1,473枚)、搭乗記・口コミ(6件)を提供しています。

ボーイング747SPについて

ボーイング 747SPは、ボーイングが開発したボーイング 747の派生型で、航続距離性能を向上させたモデルです。「SP」は「Special Performance」の略で、世界で初めて、東京・羽田/ニューヨーク・JFK間の直行便を実現しています。

747SPは、ローンチカスタマーとなったパンアメリカン航空が長距離を直行で運航できる機体開発を要望したことを契機に開発に着手しました。胴体の全長56.31メートルと短縮して重量を大幅に減らし、垂直尾翼と水平尾翼をそれぞれ1.5メートル延長する改修により、航続距離12,325キロメートルを実現しました。

1975年5月にロールアウトし、1976年3月にパンアメリカン航空に初号機、機体番号(レジ)「N531PA」が納入され、同年4月に羽田/ニューヨーク・JFK線の直行便に就航しています。1989年に、航続距離が延長され、2名での乗務を可能とするボーイング 747-400の開発が開始されたことにより、生産を終了しています。

2020年現在でも活躍する1機として知られる747SPとして、アメリカ航空宇宙局(NASA)とドイツ航空宇宙センター(DLR)が共同運用する空飛ぶ望遠鏡「SOFIA(遠赤外線天文学成層圏天文台)」の「N747NA」があります。機体後部に望遠鏡を搭載するため、縦4メートル、横6メートルのドアを胴体に備え、特殊な電子システムの搭載など、科学的な調査事業のため機体は大幅な改修が施されています。

ボーイング747SP 投稿・登録状況

登録機体数
45機
ニュース記事
19本
航空フォト
1,473枚
搭乗レビュー
6件
ICAO機種コード
B74S
FlyTeamでは、航空ファンのための「ボーイング747SP」の飛行機ガイドを目指しています。 航空ファン・飛行機好きの皆さんからの航空フォトや搭乗レビューをお待ちしています。

ボーイング747SP 記事

ボーイング747SPの航空・飛行機に関するニュース記事 19件が配信されています。

ボーイング747SP 航空フォト(飛行機 写真・画像)

ボーイング747SP 搭乗レビュー

ボーイング747SPの搭乗レビュー 6件が投稿されています。以下、新着搭乗レビューです。
メニューを開く