ボーイング 767-400 航空機 徹底ガイド

ボーイング 767-400

ボーイング 767-400(Boeing 767-400)の航空機種情報です。
メーカー:ボーイング シリーズ: 767

ボーイング 767-400 航空機ガイド

ボーイングが製造した767-400に関する航空機(飛行機)ガイドです。 航空ファンなら気になる767-400に関する製造航空機(38機)、ニュース記事(12本)、飛行機写真(航空フォト:1,093枚)、搭乗記・口コミ(8件)、就航路線(29路線)を提供しています。

ボーイング 767-400について

ボーイング767-400ERは、767で最も胴体が長い機種です。デルタ航空が300席級で洋上の長距離路線に投入する機体開発の要望を受け、実現した機材です。「767-400」という機種は製造されていませんが、ICAOコードは"B764"と767-400を想起させます。

胴体長さは、767-300の主翼前後をそれぞれ3メートルずつ、計6.43メートル延長し、客席は245席から375席仕様となっています。胴体の延長に伴い、機種上げ時の尾部接地「テールストライク」防止として、尾部にテールスキッドが装備されたほか、メインギアの高さが46センチメートル高くなっています。主翼端に後退角をつけたレイクド・ウィングチップが採用され、主翼幅も延長されています。

航続距離は10,400キロメートルと、767-300ERの11,000キロメートルよりは短くなっています。洋上飛行のため、ETOPSは180分の認可を得ています。

初飛行は1999年10月9日で、この機体はテスト完了後にデルタ航空に「N825MH」として納入されています。商用機の初号機はコンチネンタル航空(現在のユナイテッド航空)に2000年8月31日に納入されています。

767-400ERは、デルタ航空とユナイテッド航空で37機が納入され、バーレーン王室がVIP仕様で「A9C-HMH」を保有しています。

初飛行日 1990年10月9日
座席数 245席〜375席
航続距離 10,450km
製造機数 38機
ローンチカスタマー コンチネンタル航空、デルタ航空
日本で使用した航空会社 なし

ボーイング 767-400 投稿・登録状況

登録機体数
38機
ニュース記事
12本
航空フォト
1,093枚
搭乗レビュー
8件
運航路線数
29路線
派生型
767 767-200 | 767-300 | 767-400
ICAO機種コード
B764
FlyTeamでは、航空ファンのための「ボーイング 767-400」の飛行機ガイドを目指しています。 航空ファン・飛行機好きの皆さんからの航空フォトや搭乗レビューをお待ちしています。

ボーイング 767-400 記事

ボーイング 767-400の航空・飛行機に関するニュース記事 12件が配信されています。

ボーイング 767-400 航空フォト(飛行機 写真・画像)

現在、ボーイング 767-400の航空フォト(飛行機 写真・画像)は、1,093投稿されています。

ボーイング 767-400 搭乗レビュー

ボーイング 767-400の搭乗レビュー 8件が投稿されています。以下、新着搭乗レビューです。

航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

メニューを開く