コープ・ノース19、グアムで開催へ - Boeing 767 | FlyTeam ニュース

Boeing 767

ボーイングが製造したBoeing 767の機材・機種シリーズ一覧です。

コープ・ノース19、グアムで開催へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:2018年の演習時の編隊飛行

2018年の演習時の編隊飛行

グアムのアンダーセン空軍基地を拠点に2019年2月18日(月)から3月8日(金)まで、「コープ・ノース19(COPE NORTH 19)」が開催され、これを前にアメリカ太平洋空軍が演習の概要を公表しています。コープ・ノースは、アメリカ空軍、アメリカ海軍、アメリカ海兵隊、航空自衛隊、オーストラリア空軍(RAAF)による多国間の航空作戦の遂行能力強化を目ざしています。

演習にはアメリカ軍から2,000人超、空自とRAAFから合計で約850名、航空機はおよそ100機、21飛行隊が参加します。期間中、日本側が発表している通り、人道支援・災害救援共同訓練をおよそ1週間かけて実施し、その後は防空戦闘、えん護戦闘、戦闘機戦闘、空対地射爆撃、電子戦、空中給油、戦術空輸、航空輸送、捜索を含む即応性を向上する演習を実施します。

このうち、人道支援や災害救援の演習は、パラオやミクロネシア連邦を含む地域を支援する際に必要な能力の演練を通じ、3カ国がその能力を高める重要な機会となります。コープ・ノースは、1978年に三沢基地を拠点に四半期毎に実施される日米の二国間演習として始まり、1999年にグアム・アンダーセン空軍基地に移転しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加