ターキッシュ・カーゴ、トプカプ宮殿の至宝186点を777で日本に輸送 - Boeing 777-200 | FlyTeam ニュース

Boeing 777-200

ボーイングBoeing 777-200の機材・機種に関する情報です。

メーカー
ボーイング
シリーズ
Boeing 777

ターキッシュ・カーゴ、トプカプ宮殿の至宝186点を777で日本に輸送

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ターキッシュ・カーゴ 777貨物機

ターキッシュ・カーゴ 777貨物機

  • ニュース画像 2枚目:専門家たちが輸送にあたり芸術品を繊細に扱う

ターキッシュ・エアラインズの貨物部門であるターキッシュ・カーゴは、2019年3月20日(水)、トプカプ宮殿が所蔵する186点、8トン以上の歴史的芸術品を輸送したと発表しました。機体記号(レジ)「TC-LJN」の777貨物機で3月15日(金)、成田国際空港に飛来しています。

イスタンブールから日本への輸送時には、専門家チームが集結し、保護材で宝飾品や美術工芸品の特質や構造を守り、安全性の高い56の木箱が使用されました。美術品の中には、「立法者スレイマン1世のベッド」「スルタン・オスマン2世のカフタン」「儀式用宝飾水筒」や明治天皇からアブデュルハミト2世に贈られた「有線七宝の花瓶」などが含まれています。

この芸術品は、3月20日(水)から5月20日(月)まで、東京・六本木の国立新美術館で開催されている「トルコ文化年2019 トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美」で展示されているほか、6月14日(金)から7月28日(日)には京都国立近代美術館で展示されます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加