ボーイング C-135 ストラトリフター 航空機 徹底ガイド

ボーイング C-135 ストラトリフター

ボーイング C-135 ストラトリフター(Boeing C-135 Stratolifter)の航空機種情報です。
メーカー:ボーイング シリーズ: C-135 ストラトリフター

ボーイング C-135 ストラトリフター 航空機ガイド

ボーイングが製造したC-135 ストラトリフターに関する航空機(飛行機)ガイドです。 航空ファンなら気になるC-135 ストラトリフターに関する製造航空機(293機)、ニュース記事(93本)、飛行機写真(航空フォト:2,503枚)、航空イベント(44件)を提供しています。

ボーイング C-135 ストラトリフターについて

C-135、特に空中給油機のKC-135ストラトタンカーは、1956年7月18日にレントン工場でロールアウト、8月31日に初飛行、1957年6月に運用を開始しています。2020年現在も未だ現役の空中給油・輸送機で、2030年ごろまで運用される予定です。日本では主に嘉手納基地で見ることができます。

ボーイングが自主開発した367-80をベースに、707の技術も取り入れた航空機です。給油装置はフライングブーム方式ですが、ドローグポッドを追加した機体も存在します。給油オペレーター席は胴体後部にあり、うつ伏せになり操作します。

耐用年数延長のため、1970年代後半から近代化改修が実施されたほか、エンジンの低燃費化と燃料搭載量増加、デジタル・フライト・ディレクター、電波高度計、オートパイロット、通信・航法装置などアビオニクスを最新機器に交換するなどアップグレードが施されています。

後継機にKC-46Aが選定されていますが、調達数が少なく、2030年以降も運用が続くとみられています。

ボーイング C-135 ストラトリフター 投稿・登録状況

登録機体数
293機
ニュース記事
93本
イベント
44件
航空フォト
2,503枚
ICAO機種コード
K35E | K35R
FlyTeamでは、航空ファンのための「ボーイング C-135 ストラトリフター」の飛行機ガイドを目指しています。 航空ファン・飛行機好きの皆さんからの航空フォトや搭乗レビューをお待ちしています。

ボーイング C-135 ストラトリフター 記事

ボーイング C-135 ストラトリフターの航空・飛行機に関するニュース記事 93件が配信されています。

ボーイング C-135 ストラトリフター イベント情報

ボーイング C-135 ストラトリフターのこれから開催されるイベント情報 3件が登録されています。

ボーイング C-135 ストラトリフター 航空フォト(飛行機 写真・画像)

現在、ボーイング C-135 ストラトリフターの航空フォト(飛行機 写真・画像)は、2,503投稿されています。

航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

メニューを開く