空自、9月末まで千歳と三沢で日豪共同訓練 F-15やF-2を派遣 - Boeing C-17 | FlyTeam ニュース

Boeing C-17

ボーイングBoeing C-17の機材・機種に関する情報です。

メーカー
ボーイング
シリーズ
Boeing C-17

空自、9月末まで千歳と三沢で日豪共同訓練 F-15やF-2を派遣

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:F/A-18Aホーネット

F/A-18Aホーネット

  • ニュース画像 2枚目:F/A-18BやF/A-18Aに給油するKC-30Aのブーム
  • ニュース画像 3枚目:KC-30空中給油機

航空自衛隊は2018年9月5日(水)から9月30日(日)まで、日豪共同訓練「武士道ガーディアン18」を実施します。オーストラリア空軍と国内を拠点にした共同訓練は初となります。この訓練を通じ、部隊の戦術技量の向上と、オーストラリア空軍との防衛協力の深化と相互理解の促進を図ります。

訓練は、千歳基地、三沢基地とその周辺空域で、要撃戦闘訓練、防空戦闘訓練、戦術攻撃訓練を実施します。この訓練に航空自衛隊からはF-15戦闘機とF-2戦闘機が参加し、オーストラリア空軍からはF/A-18A/B戦闘機7機、KC-30空中給油機が1機、C-17輸送機3機と人員約120名が参加します。

詳しくは、航空自衛隊の発表資料を参照ください。

期日: 2018/09/05 〜 2018/09/30
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加