アメリカ海軍、ニューポート・ニューズ造船所と空母2隻建造を正式契約 - Boeing MQ-25 Stingray | FlyTeam ニュース

Boeing MQ-25 Stingray

ボーイングBoeing MQ-25 Stingrayの機材・機種に関する情報です。

メーカー
ボーイング
シリーズ
Boeing MQ-25 Stingray

アメリカ海軍、ニューポート・ニューズ造船所と空母2隻建造を正式契約

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:CVN-80 イメージ

CVN-80 イメージ

アメリカ海軍は2019年1月31日(木)、ジェラルド・R・フォード級空母としてCVN-80とCVN-81の建造について、ハンティントン・インガルス・インダストリーズのニューポート・ニューズ造船所(HII-NNS)と正式に契約したと発表しました。CVN-80の艦名は「エンタープライズ」となる予定で、CVN-81は未定です。2隻の空母建造を同時に契約することで、連邦政府が支出する予算縮減につながります。

2隻の同時契約は、資材調達コストを含む節減だけでなく、熟練した労働者を最大限に活用し、原子力空母の効率化にもつながるとしています。さらに空母に積載するF-35CライトニングII、MQ-25無人機システム、MK 38ガンシステムなど、新たな装備品に対応する仕様変更の統合コストも含まれています。これらをあわせ、およそ43億ドルの予算削減につながる見込みです。

「エンタープライズ(CVN-80)」は2027年に就役するフォード級空母の3番艦となり「アイゼンハワー(CVN-69)」を更新、艦名未定の「CVN-81」は2030年就役のフォード級空母4番艦となり「カール・ヴィンソン(CVN-70)」を更新します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加