航空局、DHC-8-300で関空の飛行検査 4月22日から4日間 - Bombardier DHC-8-300 | FlyTeam ニュース

Bombardier DHC-8-300

ボンバルディアBombardier DHC-8-300の機材・機種に関する情報です。

メーカー
ボンバルディア
シリーズ
Bombardier DHC-8 Dash 8

航空局、DHC-8-300で関空の飛行検査 4月22日から4日間

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

国土交通省大阪航空局は、2019年4月22日(月)から4月25日(木)にかけて、関西国際空港の航空保安施設に関連する飛行検査を実施します。

対象となる施設は、24L/24R、06L/06RのILSと関西V/Dです。航空機の運航を支援するILSやVOR/DMEは、定期的に検査が実施されており、これに伴い航空局は保有する検査機で飛行し、施設の確認を行っています。

検査時の飛行ルートは、24Rは北側から進入、06Lエンドをすぎて東側に周回するコース、24Lは北側から進入、06Rエンドをすぎて東側に周回するコースです。06Rは南側から進入、24Lエンドをすぎて東側を周回するコース、06Lは南側から進入、24Rエンドをすぎて西側を周回するコースです。

検査に使用する機材は、ボンバルディアDHC-8-300で、機体記号(レジ)は「JA007G」です。なお、予定している日程で検査が終了しなかった場合は、別日程で実施されます。

期日: 2019/04/22 〜 2019/04/25
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加