イベリア航空、設立90周年を祝う パトルーラ・アギラと編隊飛行を披露 - CASA C-101 Aviojet | FlyTeam ニュース

CASA C-101 Aviojet

CASACASA C-101 Aviojetの機材・機種に関する情報です。

メーカー
CASA
シリーズ
CASA C-101 Aviojet

イベリア航空、設立90周年を祝う パトルーラ・アギラと編隊飛行を披露

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント
ニュース画像 1枚目:イベリア航空のA330と「パトルーラ・アギラ」

イベリア航空のA330と「パトルーラ・アギラ」

イベリア航空は2017年6月25日(日)、設立90周年を祝い、マドリード市内のマドリード=クアトロ・ビエントス空港で祝典を開催しました。当日はA330-300の「EC-LZX」とスペイン空軍のアクロチーム「パトルーラ・アギラ(Patrulla Aguila)」による編隊飛行などを、イベリア航空の顧客、従業員、関連会社や取引先企業など訪れた2,500名に披露しました。

イベリア航空のルイス・ガジェゴ(Luis Gallego)会長兼CEOは、創立90周年を迎えることを受け、スタッフたちにはこれまでの仕事へのねぎらい、顧客とパートナーにはその信頼に感謝し、新たなスタートに向けた意欲を表明しました。

現在のイベリア航空は「Iberia, Compañía Aérea de Transportes」として1927年6月28日(火)に設立、同年12月14日(水)、マドリッド/バルセロナ間で初めて商業飛行しました。使用した機材はロールバッハ製で10席のRo VIIIローランドでした。運賃は片道163ペセタ、往復300ペセタで、フライトは3時間半でした。創業以来、イベリア航空は約9億人の乗客を輸送しています。

期日: 2017/06/25
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー
  • << 前のニュース
  • 次のニュース >>

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加