シーラスのビジョン・ジェット、乗客がボタン1つで自動着陸する安全機能 - シーラス | FlyTeam ニュース

シーラス

シーラスが製造した航空機の機種(シリーズ)一覧です。

シーラスのビジョン・ジェット、乗客がボタン1つで自動着陸する安全機能

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:セーフリターン ボタン

セーフリターン ボタン

シーラス・エアクラフトは2019年10月30日(水)、小型単発ジェット機のビジョン・ジェットに新たな安全機能「セーフリターン」の搭載を発表しました。

「セーフリターン」はパイロットが機体を操縦できなくなった場合、乗客が作動させることができる安全機能です。この機能により、乗客による操縦や操作なしで、条件が整った最寄りの空港に自動で着陸させることができます。

「セーフリターン」は機内の天井に設置され、作動すると自動操縦の「セーフリターンモード」に切り替わります。このモードでは、コクピットのモニター表示が乗客にもわかりやすく、着陸までの時間や現在地が表示されるほか、タッチパネルを押すだけで無線通信ができます。

対地接近警報装置を利用した地面との衝突防止機能により、周辺の山などを避けながら安全なルートを飛行するほか、搭載している燃料量、風向きなどを考慮して、着陸に最適な空港と滑走路を選定し、パイロットによる操縦と同じようなスムーズな着陸を実現しています。

このほか、航空無線は適切な周波数で航空管制官や周囲の航空機に緊急対応を求める自動放送を行うほか、トランスポンダーも緊急事態を示すコードに自動設定されます。

「ビジョン・ジェット」は、2016年10月にアメリカ連邦航空局(FAA)から型式証明を取得、2017年5月にはヨーロッパ航空安全庁(EASA)の型式証明を取得しています。なお、シーラス・エアクラフトの日本代理店はジャパン・ジェネラル・アビエーション・サービス(JGAS)が務めています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加