イギリス空軍、エリザベス女王の満90歳公式式典で祝賀飛行 6月11日 - Hawker Hurricane | FlyTeam ニュース

Hawker Hurricane

ホーカーHawker Hurricaneの機材・機種に関する情報です。

メーカー
ホーカー
シリーズ
Hawker Hurricane

イギリス空軍、エリザベス女王の満90歳公式式典で祝賀飛行 6月11日

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:レッド・アローズの祝賀飛行、2010年

レッド・アローズの祝賀飛行、2010年

  • ニュース画像 2枚目:女王の公式誕生日式典でバッキンガム宮殿前を飛行するレッドアローズ
  • ニュース画像 3枚目:トーネードGR.4
  • ニュース画像 4枚目:2016年の展示飛行の予定

イギリス空軍はエリザベス女王の満90歳を祝う公式式典にあわせ2016年6月11日(土)、31機でバッキンガム宮殿を祝賀の低空飛行を実施すると発表しました。この祝賀飛行は、15機種が参加し、このうち5機種は所属部隊の100周年をあわせて祝います。

祝賀飛行は13時に開始し、チヌーク、グリフィン、AW109、ピューマを皮切りに、バトル・オブ・ブリテン・メモリアル・フライトのスピットファイヤーとハリケーンが続きます。

次いで輸送・訓練機が続き、キング・エア、C-130ハーキュリーズ、49飛行隊のA400M、C-17グローブマスター、BAe146が続きます。その後、レイセオン・センチネル、RC-135リベット・ジョイント、トーネードGR.4、A330ボイジャー、タイフーン、そしてレッドアローズが続きます。

イギリス空軍はFacebookでバッキンガム宮殿への飛行経路について、イングランド東部からロンドン方面へ進出し、宮殿を通過後はそれぞれの方面に分かれると紹介しています。編隊は8波で、およそ30秒毎に連続で展開します。

例年、エリザベス女王をはじめ王室一家はバッキンガム宮殿のバルコニーでこの低空飛行を見守ります。

■Queen's Birthday Flypast 2016: Introducing Typhoon FGR4
■Queen's Birthday Flypast: Introducing the Puma Mk2
■Queen's Birthday Flypast: Introducing the Hercules
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー
  • << 前のニュース
  • 次のニュース >>

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加