珠海エアショー、パブリックデーが開幕 レッドアローズなど4飛行隊が飛行 - ヒラー | FlyTeam ニュース

ヒラー

ヒラーが製造した航空機の機材・機種シリーズ一覧です。

珠海エアショー、パブリックデーが開幕 レッドアローズなど4飛行隊が飛行

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント
ニュース画像 1枚目:珠海エアショーで初飛行したレッドアローズ

珠海エアショーで初飛行したレッドアローズ

  • ニュース画像 2枚目:ロシア空軍のロシアン・ナイツとスウィフツの混成編隊
  • ニュース画像 3枚目:中国空軍「八一飛行隊」のJ-10
  • ニュース画像 4枚目:中国空軍「八一飛行隊」による編隊飛行
  • ニュース画像 5枚目:飛行展示するAVIC Y-12

2016年11月1日(火)から11月6日(日)までの日程で中国・広東省珠海市の中国国際航展センターで開催されている「珠海エアショー2016(中国国際航空宇宙博覧会)」では、11月1日(火)から11月3日(木)までの「トレード・デー」日程が終了し、11月4日(金)から一般向けに開放される「パブリック・デー」が始まりました。

パブリック・デーでは、トレード・デーまでと同じく、3カ国のアクロバット・チーム4部隊が参加しています。参加しているのはイギリス空軍の「レッド・アローズ」、ロシア空軍のロシアン・ナイツとスウィフツ(ストリージ)、中国空軍の八一飛行隊で、計22機がアクロバット飛行を披露しています。

このうち、イギリスのレッドアローズは今回、珠海エアショーの参加は今回が初めてで、中国で初めてとなる展示飛行で会場を沸かせています。また、ロシア空軍のロシアン・ナイツとスウィフツは、混成編隊で飛行展示を実施しています。

このほかパブリックデーでは、パキスタン空軍のJF-17、AVIC(中国航空工業集団)のY-12、AG300、ヒラーUH-12E3などが展示飛行を実施しています。また、ボーイングから参加していた海南航空の787、ボンバルディアCS300など、トレードショーで参加した一部の機体はパブリックデーに参加せず展示を終えています。

期日: 2016/11/01 〜 2016/11/06
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー
  • << 前のニュース
  • 次のニュース >>

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加