フィリピン空軍、10年ぶりの超音速戦闘機 KAI FA-50PHクラークに到着 - KAI T-50 Golden Eagle | FlyTeam ニュース

KAI T-50 Golden Eagle

コリア・エアロスペース・インダストリーズKAI T-50 Golden Eagleの機材・機種に関する情報です。

メーカー
コリア・エアロスペース・インダストリーズ
シリーズ
KAI T-50 Golden Eagle

フィリピン空軍、10年ぶりの超音速戦闘機 KAI FA-50PHクラークに到着

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:2015年11月28日、クラーク基地に到着したFA-50PH「001」号機

2015年11月28日、クラーク基地に到着したFA-50PH「001」号機

  • ニュース画像 2枚目:消防車の放水で歓迎されるFA-50PH
  • ニュース画像 3枚目:FA-50はT-50練習機の戦闘攻撃型

2015年11月28日、フィリピンのクラーク基地にKAI FA-50PHの初号機と2号機が到着し、11月29日にフィリピン空軍に引き渡されました。

2機のFA-50PHは、11月27日8時ごろにKAIの工場がある韓国のサチョン(泗川)を離陸し、台湾のカオシュン(高雄)を経由してクラーク基地へフェリーされました。

クラーク基地では空軍幹部や軍関係者、観衆、メディアが待ち受け、消防車の放水で両機を歓迎しました。フィリピン空軍にとっては、2005年にF-5A/Bが退役して以降およそ10年ぶりの超音速戦闘機です。

フィリピン空軍は4.2億ドルで、12機のFA-50PHを導入します。


最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加