川崎 CH-47J チヌーク 航空機 徹底ガイド

川崎 CH-47J チヌーク

川崎 CH-47J チヌーク(Kawasaki CH-47J Chinook)の航空機種情報です。
メーカー:川崎 シリーズ: CH-47J チヌーク

川崎 CH-47J チヌーク 航空機ガイド

川崎が製造したCH-47J チヌークに関する航空機(飛行機)ガイドです。 航空ファンなら気になるCH-47J チヌークに関する製造航空機(102機)、ニュース記事(381本)、飛行機写真(航空フォト:5,908枚)、搭乗記・口コミ(19件)、航空イベント(317件)を提供しています。

川崎 CH-47J チヌークについて

バートルが開発、1961年9月21日に原型機が初飛行、アメリカ陸軍に採用された機種を自衛隊も採用。バートルは、ボーイング・バートルを経て現在はボーイングとなっており、製造にあたり川崎重工業がCH-47Dをベースに、日本向けCH-47Jとしてライセンス生産しています。製造は川崎重工・岐阜工場で、CH-47J/JAとして製造されています。

自衛隊では、陸上自衛隊がCH-47J/JA、航空自衛隊ではCH-47J/LRが採用され、1984年から調達が続けられています。陸自・空自では、大型車両などの空輸、基地・駐屯地間の航空輸送など通常時の任務に加え、東日本大震災では東京電力福島第1原発への放水など、災害派遣などでも使用されています。

製造では35号機(JG-52951)以降、川崎が改良するCH-47JAとなっています。大型燃料タンクへの変更で航続距離が1,000キロメートル(km)超に伸びたほか、GPS内蔵の2重化慣性航法装置、気象レーダー、暗視装置の搭載による夜間運航など、能力が向上しています。

川崎 CH-47J チヌーク 投稿・登録状況

登録機体数
102機
ニュース記事
381本
イベント
317件
航空フォト
5,908枚
搭乗レビュー
19件
ICAO機種コード
H47
FlyTeamでは、航空ファンのための「川崎 CH-47J チヌーク」の飛行機ガイドを目指しています。 航空ファン・飛行機好きの皆さんからの航空フォトや搭乗レビューをお待ちしています。

川崎 CH-47J チヌーク 記事

川崎 CH-47J チヌークの航空・飛行機に関するニュース記事 381件が配信されています。

川崎 CH-47J チヌーク イベント情報

川崎 CH-47J チヌークのこれから開催されるイベント情報 3件が登録されています。

川崎 CH-47J チヌーク 航空フォト(飛行機 写真・画像)

川崎 CH-47J チヌーク 搭乗レビュー

川崎 CH-47J チヌークの搭乗レビュー 19件が投稿されています。以下、新着搭乗レビューです。
メニューを開く