MQ-8Cファイアスカウト、初の艦上試験を完了【動画】 - Northrop Grumman MQ-8 Fire Scout | FlyTeam ニュース

Northrop Grumman MQ-8 Fire Scout

ノースロップ・グラマンNorthrop Grumman MQ-8 Fire Scoutの機材・機種に関する情報です。

メーカー
ノースロップ・グラマン
シリーズ
Northrop Grumman MQ-8 Fire Scout

MQ-8Cファイアスカウト、初の艦上試験を完了【動画】

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:MQ-8Cファイアスカウト無人ヘリコプター USSジェイソン・ダンハムに初着艦

MQ-8Cファイアスカウト無人ヘリコプター USSジェイソン・ダンハムに初着艦

アメリカ海軍は、MQ-8Cファイアスカウト無人ヘリコプター初の艦上試験を、2014年12月19日に完了したと発表しました。

艦上試験は、バージニア州沖を航行するイージス駆逐艦、USSジェイソン・ダンハム(DDG-109)で5日間にわたり実施されました。MQ-8Cは3回の飛行と、32回の離着艦を実施し、離着艦の手順を確認しダイナミック・インターフェースの試験を行いました。2015年には運用試験を実施する予定です。

MQ-8Cは、すでに配備されているMQ-8Bの拡大版で、2倍の航続力と3倍のペイロードを搭載することができます。コンポーネントのほとんどがMQ-8Bで実証済みなため、運用における信頼性は非常に高いとしています。

ノースロップグラマンは海軍に30機のMQ-8Bを納入済で、海軍は40機のMQ-8Cを調達する計画を立てています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー
  • << 前のニュース
  • 次のニュース >>

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加