メキシコ湾で運用されるシコルスキーS-92総重量増加(GWE)型【動画】 - Sikorsky S-92 Helibus | FlyTeam ニュース

Sikorsky S-92 Helibus

シコルスキーSikorsky S-92 Helibusの機材・機種に関する情報です。

メーカー
シコルスキー
シリーズ
Sikorsky S-92 Helibus

メキシコ湾で運用されるシコルスキーS-92総重量増加(GWE)型【動画】

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:EraグループのS-92 GWE

EraグループのS-92 GWE

シコルスキーは、ケンタッキー州ルイビルで開催中の「ヘリ・エキスポ 2016」で、初めて総重量増加(GWE)型のS-92ヘリコプターを運用しているアメリカのEraグループの機体を展示しています。

S-92 GWEは、最大離陸重量を2万6,500ポンド(約12.02トン)から2万7,700ポンド(約12.56トン)に増加した機体で、Eraグループでは世界に先駆けて2015年10月からメキシコ湾で運用しています。Eraグループは最近2機目のS-92 GWEを受領し、現在9機のシコルスキー製ヘリコプターを運用しています。

Eraグループのクリス・ブラッドショー社長兼CEOは「当社の顧客はS-92の増加したペイロードの恩恵を受けている。S-92は安全性と信頼性、高い性能を備え、当社が提供する最適なプラットフォームになっている」と話しています。

S-92ヘリコプターは、これまで275機以上が世界中にデリバリーされ、総飛行時間は95万時間以上です。石油・ガス開発支援や捜索救難、要人輸送や旅客輸送、汎用などさまざまな用途に使用できます。日本では警視庁がS-92を使用しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加