ロシアTu-95爆撃機が領空侵犯、南大東島と八丈島付近で1日2件 - Tupolev Tu-95/142 | FlyTeam ニュース

Tupolev Tu-95/142

ツポレフTupolev Tu-95/142の機材・機種に関する情報です。

メーカー
ツポレフ
シリーズ
Tupolev Tu-95/142

ロシアTu-95爆撃機が領空侵犯、南大東島と八丈島付近で1日2件

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:領空侵犯対象の1機目

領空侵犯対象の1機目

  • ニュース画像 2枚目:領空侵犯対象の2機目
  • ニュース画像 3枚目:ロシア機の航路

防衛省は2019年6月20日(木)、ロシア機による領空侵犯が発生したと公表しました。同日に2件発生しており、いずれも航空自衛隊の戦闘機を緊急発進させ、対応しています。ロシア機の領空侵犯は2015年9月以来、およそ4年ぶりの事案です。

1件目は、南大東島の領海上空で8時53分32秒から8時56分18秒に発生し、南大東島方面の西側から侵入し、北大東島の西側方向から退去しました。

2件目は、八丈島の領海上空で1機が本州と八丈島の領海を抜ける形で飛行する中、もう1機が八丈島の北西側から侵入し、そのまま飛行し北側付近で退去しました。いずれも空自が通告・警告を実施しています。

防衛省が公開した画像によると、尾翼のビューロナンバーは明確に確認できませんが、発表ではTu-95爆撃機とされています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加