ロシアのTu-142とSu-24、9月1日に日本海から太平洋まで飛行 - Tupolev Tu-95/142 | FlyTeam ニュース

Tupolev Tu-95/142

ツポレフTupolev Tu-95/142の機材・機種に関する情報です。

メーカー
ツポレフ
シリーズ
Tupolev Tu-95/142

ロシアのTu-142とSu-24、9月1日に日本海から太平洋まで飛行

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ロシア海軍 Tu-142MZ対潜哨戒機

ロシア海軍 Tu-142MZ対潜哨戒機

  • ニュース画像 2枚目:2018年9月1日、ロシア機の航路
  • ニュース画像 3枚目:Su-24戦術偵察機

統合幕僚監部は2018年9月1日(土)、ロシア機が日本海から太平洋へ周回飛行したと発表しました。これによる領空侵犯などはありませんでした。同日に確認されたロシア機は、Tu-142哨戒機の2機が日本海から太平洋に、Su-24偵察機の1機が日本海で確認されています。いずれも航空自衛隊の戦闘機が緊急発進し、対応しました。

Tu-142哨戒機2機は日本海をウラジオストク方面から飛来し、対馬海峡を通過し、沖縄本島まで南下後、宮古海峡を通過して太平洋に向かいました。さらに太平洋沿岸を北海道まで北上し、ロシア側に戻る飛行でした。Su-24戦術偵察機1機は能登半島方面沖から北上し、再びウラジオストク方面へ戻ったものです。

統合幕僚監部が公開している画像によると、機番は「RF-34108」でロシア海軍が保有するTu-142MZ対潜哨戒機とみられます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加