エア・アラビア、エア・リース・コーポからA321neo LRを6機リース | FlyTeam ニュース

国|コード
アラブ首長国連邦 | IATA : G9 | ICAO : ABY
ホームページ
Air Arabia 英語あり
インディラ・ガンディー国際空港 - Indira Gandhi International Airport [DEL/VIDP]で撮影されたインディラ・ガンディー国際空港 - Indira Gandhi International Airport [DEL/VIDP]の航空機写真

Copyright © BTYUTAさん

エア・アラビア、エア・リース・コーポからA321neo LRを6機リース

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

中東・北アフリカを拠点とする格安航空会社(LCC)のエア・アラビアは、2017年11月13日(月)、航空機リース会社のエア・リース・コーポレーション(ALC)とA321neo LRを6機、リースする契約を締結しました。この機材は2019年に納入される予定で、近く現在の路線より長距離へ就航、または需要の高い路線に投入する計画です。

この契約は、ドバイ・エアショーで締結されました。A321neoは、A320ファミリーでエア・アラビアが現在保有する機材でもあり、A321neo LRはその中でも新エンジンを搭載した燃費効率性が高く、航続距離がもっとも長い機種です。この機体は、装着する座席が215席で、エア・アラビアが保有する現行機のシートピッチを維持しています。

エア・アラビアは現在、アラブ首長国連邦(UAE)のシャルジャー、ラスアルハイマ、カサブランカのモロッコ、エジプト、ヨルダンを拠点に、A320を50機で133路線に就航しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

エア・アラビアの搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加