スペインでよく利用するターボプロップ機 - エア・ヨーロッパ 口コミ・評価

航空会社 エア・ヨーロッパ

マドリード・バラハス国際空港 - Madrid-Barajas Airport [MAD/LEMD]で撮影されたマドリード・バラハス国際空港 - Madrid-Barajas Airport [MAD/LEMD]の航空機写真

© 誘喜さん

IATA | ICAO
UX | AEA
アライアンス
スカイチーム

搭乗レビュー
スペインでよく利用するターボプロップ機

航空会社
エア・ヨーロッパ
便名
UX4060
エコノミー
搭乗日
2016/07
路線
バレンシア → マドリード
機体記号
EC-LYZ
機材
ATR ATR-42-300
総評3
3ッ星
機内食・ドリンク
無評価
座席(シート)
3ッ星
機内スタッフ
3ッ星
エンターティメント
無評価
トイレ・洗面台
無評価
機材コンディション
3ッ星
空港サービス
3ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
1,082
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    保安検査を通過して搭乗ゲートに向かう... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    登場時は待合室から直接外に出て歩いて... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    搭乗は機体の後方ドアからのみで、前方... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    前方の貨物室
  • 写真の種類:座席(シート)
    機内は2x2のシートコンフィグ。
  • 写真の種類:座席(シート)
    頭上の収納スペースは薄いものしか入り... 続き
  • 写真の種類:座席(シート)
    仕方なく足元にバックパックを置きます... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    置き留めスポットからターミナルまでバ... 続き

総評

予約番号を入力してもオンラインチェックインがどうしてもできず、預託荷物はなかったですが、空港のカウンターに並び直接チケットをもらいました。保安検査を通過して搭乗ゲートに向かうと、待合室は何と地上階にあり登場時は待合室から直接外に出て歩いて飛行機に搭乗します^^。今回の期待はART-42の300型さんで機齢は25歳。スペインではよく利用している機材です。プロペラピッチを変えて自分でプッシュバックできるA400Mの様な良くできた子です^^。搭乗は機体の後方ドアからのみで、前方は貨物室になっているようで大きな手荷物はすべてそちらの貨物室に収納されます。チョックアウトは20分遅れで、離陸後はカートによる飲み物、スナックの販売があります。マドリッドまでは1時間の飛行で途中マドリード空港近郊で2回ほどホールディングを食らいました。マドリッド空港は思いのほか巨大で、横風用の滑走路含めて4本の滑走路を保有しています。着陸した後もゲートまでタキシング10分以上かかっていましたので成田と同じ程度時間がかかります。置き留めスポットからターミナルまでバスで移動しました。風が熱風のようで暑かったです

Engines 2 x PWC PW120

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら

エア・ヨーロッパの搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

メニューを開く