#077 (I074) 初のニュージーランド ③/⑤。 第1世代 B737-219に乗る - ニュージーランド航空 クチコミ

メンバー評価
国|コード
ニュージーランド | IATA : NZ | ICAO : ANZ
アライアンス
スターアライアンス
FFP
エアポインツ
ホームページ
ニュージーランド航空 日本語あり
Air New Zealand 英語あり
成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

Copyright © Bluewingさん

#077 (I074) 初のニュージーランド ③/⑤。 第1世代 B737-219に乗る

航空会社:
ニュージーランド航空
便名:
NZ542
エコノミー
搭乗日:
1998/08
路線:
クイーンズタウン → クライストチャーチ
機体記号:
ZK-NAV
機材:
Boeing 737-219/Adv
総評3
3ッ星
機内食・ドリンク
無評価
座席(シート)
無評価
機内スタッフ
無評価
エンターティメント
無評価
トイレ・洗面台
無評価
機材コンディション
無評価
空港サービス
無評価
口コミ投稿者:

アクセス数:240 |  投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 搭乗機 NZ B737-219/Adv
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 NZボーディングパス
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ NZ機内誌 "PACIFICWAV... 続き>>

総評

インバカーギルから陸路クイーンズタウンへ移動、フィッシングとゴルフを堪能し、再びクライストチャーチへのフライトです。

機材は第1世代のB737-219/Adv、ノズルが翼端から突き出た細長いPW JT8Dエンジンと、無塗装のカウリングがクラシカルな雰囲気を醸し出していました。

クイーンズタウン空港は盆地の限られたスペースに立地し、離陸後ワカティプ湖上空へエスケープし高度を稼ぎ、180°旋回して一路クライストチャーチへと向かいます。東側には急峻な山々が迫り、西風時のアプローチは相応の操縦テクニックが必要であろうと感じました。

フライトログ

搭乗の詳細データです。

座席番号 15B
搭乗クラス Y
区間マイル 215
出発ゲート・スポット 1

コメントする

コメントを書くには、ログインが必要です。

Recommend おすすめコンテンツ

ニュージーランド航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加