ニュージーランド航空ビジネスクラスのワインリスト - ニュージーランド航空 口コミ・評価

航空会社 ニュージーランド航空

成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

© Sharp Fukudaさん

IATA | ICAO
NZ | ANZ
アライアンス
スターアライアンス

搭乗レビュー
ニュージーランド航空ビジネスクラスのワインリスト

航空会社
ニュージーランド航空
便名
NZ090
ビジネス
搭乗日
2008/08
路線
成田(東京) → オークランド
機体記号
ZK-OKD
機材
Boeing 777-219/ER
総評4
4ッ星
機内食・ドリンク
4ッ星
座席(シート)
3ッ星
機内スタッフ
5ッ星
エンターティメント
3ッ星
トイレ・洗面台
3ッ星
機材コンディション
3ッ星
空港サービス
5ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
140
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    253系成田エクスプレスの最前列につ... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    サクララウンジから外を見たらB747... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    NZ90便オークランド行き
    当時はJ... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    付け出しとともにワインリストを眺める... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    前菜 エビのバジルソース ガスパチョ... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    メインコースは無難にビーフステーキ
    ... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    デザート
    この頃からケーキとアイスと... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    翌朝はカスタードタルト&ワッフル
    当... 続き
  • 写真の種類:機内からの眺め
    ニュージーランドの最北端付近
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    家に戻ってプレゼントを開封
    Gibb... 続き

総評

2008年8月の日本往復,フィナーレは毎度おなじみNZ90便でオークランドまで戻ります。

【機内食・ドリンク】
当時のNZビジネスクラスでは16ページくらいの立派な冊子形式のワインリストが配られていました。

白はシャルドネ,ソービニョンブラン,そしてリースリングなどのアロマティック系。赤もピノノアール,メルロ,カベルネソービニョンなど。更にデザートワイン,発泡系。1つの品種がそれぞれ4銘柄から5銘柄くらい,合計で30銘柄ほどのワインがずらっと並んでいました。

さすがにこれをすべて搭載していたわけではありませんが,それでも半分弱は用意していたと思います。たとえばソービニョンブランであれば,5銘柄のうち2銘柄くらいは用意してありました。

この日は試しにCoopers Creekワイナリのヴィオニエというマイナーなアロマティック系の白を注文してみたところ,ちゃんと出てきました。

しかし…その後2010年頃になると実際の搭載数は20%くらいとなり,やがてマイナーは品種は搭載しなくなり,最後にはワインリストそのものが廃止されてしまいました。なんかNZの機内ワインリスト消滅と,中国をお得意様と定めて大量生産にシフトした後のニュージーランドワインの品質低下とタイミングが一致するような気もするけど,たぶん思い過ごしでしょう。

【座席(シート)】
私の隣(というかヘリンボーン形式なので前)の席の機内エンターティンメントが作動しないらしく,乗客のお兄さんがフライトアテンダントと一緒にコントローラと格闘していました。

私は基本的に夜行便で映画を観ないし,音楽もプログレメタルなど機内エンターティンメントにあるわけないので自前で用意しています。というわけで機内エンターティンメントは不要なので,席を替わってもいい,と申し出ました。乗客のお兄さんもフライトアテンダントも,とてもうれしそうでした。

【機内スタッフ】
翌朝オークランド到着前に,昨夜のフライトアテンダントと,もう1人,日本人のフライトアテンダントが私の席にやってきます。

なんじゃらほい,と思ったら,昨夜の席替えのお礼に,ワインを1本プレゼントしたいとのことでした。昨日,ヴィオニエなど変なワインを注文したので,ヲタクと認定されたのかもしれない…

「品種は何がよろしいでしょうか?」
「…え。じゃあ…ピノノアールで」

うーむ。ピノノアールは概して値段が高いので,我ながら図々しいとは思いましたが,まあどうせ機内で消費するものだし。ありがたく頂戴しました。

【エンターティメント】
というわけで自前のiPodでドリームシアターを聴いていました。

【空港サービス】
成田サクララウンジでは名物バーテンダーのBさんとの会話も弾み,楽しいひとときを過ごすことができました。

【総合評価】
フライトアテンダントからいただいたピノノアール,家に帰って調べてみたら,こちらで50ドル以上するワインでした。いやあ恐縮です。それにしても当時のNZビジネスは,全体的にワインの質も高かった(今のNZはこんな良いワイン積んでません)。

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら

ニュージーランド航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

メニューを開く