そういえば2009年ごろのNZビジネスは「離着陸時もリクライニングOK」と豪語していた - ニュージーランド航空 口コミ・評価

航空会社 ニュージーランド航空

成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

© Love NRTさん

IATA | ICAO
NZ | ANZ
アライアンス
スターアライアンス

搭乗レビュー
そういえば2009年ごろのNZビジネスは「離着陸時もリクライニングOK」と豪語していた

航空会社
ニュージーランド航空
便名
NZ090
ビジネス
搭乗日
2009/01
路線
成田(東京) → オークランド
機材
B777-219
総評3
3ッ星
機内食・ドリンク
2ッ星
座席(シート)
4ッ星
機内スタッフ
2ッ星
エンターティメント
3ッ星
トイレ・洗面台
3ッ星
機材コンディション
2ッ星
空港サービス
3ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
214
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    成田のラウンジから
    日本ならではのプ... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    ブレてしまったけど,いまはなき成田の... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    搭乗ゲート前
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    歩きながら撮ったら,またブレてしまっ... 続き
  • 写真の種類:座席(シート)
    ビジネスクラスは満席
  • 写真の種類:座席(シート)
    左側のふくらんでいるのがエアバッグ部... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    空港内を1時間うろうろして,ようやく... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    前菜 茄子のムース&車エビ
    サカナの... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    主菜 ブリ大根と野菜の旨煮
    うーむ…... 続き
  • 写真の種類:機内からの眺め
    ニューカレドニア上空で夜明け
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    フルーツヨーグルトは永遠に不滅です
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    キャビネットプディング 意外と軽くて... 続き

総評

2009年1月の日本滞在も終わり,いつものNZ90便でオークランドに戻ります。

【機内食・ドリンク】
夕食は和食を選択。ブリ大根と野菜の旨煮。甘ったるくて脂ギトギト。旨煮と言うけど旨くない。日本で作っているはずなんだが…

朝食はキャビネットプディング(パウンドケーキのプリン風味)。見た目は重そうだけど,意外と軽い甘さで食べやすい。やはりNZの朝食は甘味系がハズレなし。

【座席(シート)】
余談ですが2009年頃のNZビジネスは,機内安全ビデオの中で「離着陸時も背もたれはお好みの角度でOK」と豪語していました。ヘリンボーン配列で前の席が物理的に存在していないので障害物がなく,シートベルトにエアバッグが内蔵されているので,リクライニングしても不都合はない,という考え方だったようです。

現在もNZビジネスのシート構造は基本的に変化がないので,離着陸時にリクライニングしても問題ないと思うのですが,最近の機内安全ビデオではそこのところをはっきり説明しなくなりました。かといって「ビジネスもアップライトポジションに戻せ」とも言いません。

そんなわけで昔からビジネスを利用しているお客さんは,相変わらず離着陸時もリクライニングさせている人がけっこういます。フライトアテンダントも特に注意しません。私も普段から軽くリクライニングさせています。

【機材コンディション】
プッシュバック開始は18:30で定刻だったけど,成田のタキシングに1時間を要して,離陸したのは19:30。機長は「この空港はとても混雑しているので…」と悲しそうにアナウンスしていました。

【空港サービス】
成田サクララウンジには名物バーテンダーのBさんが非番でちょっと残念。ファーストラウンジに戻って味気ないカウンターでシャンパンを注いでもらいます。この頃のバー環境は完全にサクラ>>>ファーストでした。

出発ゲート前ではピンク色や水色の薄手のパーカを着て床にベタ座りしているキーウィの小学生や,Tシャツにジーンズ姿のキーウィのおじさんなど,ここだけニュージーランドの実体を晒している感じ。日本人の皆さんは怪訝な顔をしてちょっと距離を置いています。まあ裸足ではないだけマシなのでご容赦ください。一昔前のニュージーランド国内のLCCには「裸足で飛行機に乗らないでください」と本当に書いてありました。

【総合評価】
このあとしばらくしてQFがビジネス座席を刷新したときに「世界初のリクライニングしながら離着陸OKのシート」と豪語していたけど,実際にはNZのほうが先駆的でした(QFはベッドポジションもOKだったのがNZと違うけど)。

それにしても,なんでリクライニングOKを途中でうやむやにしちゃったのかなあ。やっぱりターンアラウンド中の掃除がめんどくさいからなのかな。

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら
メニューを開く