当時のNZのアメニティ袋は秀逸でした - ニュージーランド航空 口コミ・評価

航空会社 ニュージーランド航空

成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

© Astechnoさん

IATA | ICAO
NZ | ANZ
アライアンス
スターアライアンス

搭乗レビュー
当時のNZのアメニティ袋は秀逸でした

航空会社
ニュージーランド航空
便名
NZ090
ビジネス
搭乗日
2008/05
路線
成田(東京) → オークランド
機体記号
ZK-OKH
機材
Boeing 777-219/ER
総評3
3ッ星
機内食・ドリンク
3ッ星
座席(シート)
4ッ星
機内スタッフ
2ッ星
エンターティメント
3ッ星
トイレ・洗面台
2ッ星
機材コンディション
3ッ星
空港サービス
4ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
91
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    清水駅で見掛けたノーフォークパインツ... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    NZ90便オークランド行き
    行きも帰... 続き
  • 写真の種類:座席(シート)
    手前のオットマンに置いてあるアメニテ... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    水平飛行に入ってまずは付け出し
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    前菜 ホタテのマリネ,エビのムースな... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    なんというかビーフステーキ
  • 写真の種類:機内からの眺め
    夜明け
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    朝食は鶏のお粥

総評

2008年5月の日本滞在も終わり,ニュージーランドにたくさん生えている「ノーフォーク・パインツリー」が実は清水駅の海側の真正面に生えていたことに驚きながら,オークランドまで戻ります。この木は幹が杉のように直線状に伸び,扇状の葉っぱの集団がすべて上向きに生えるという不思議な形をしています。ニュージーランドの近くにあるノーフォーク島が原産地です。

【機内食・ドリンク】
夕食の前菜はホタテ貝柱マリネ,謎のトリュフのようなもの載せとエビのムース,そして必須アイテムのおサカナ醤油差し。メインコースは何の変哲もないステーキ。

朝食は鶏のお粥。お粥自体はおいしいんだけど,当たりはエビやホタテの海鮮どっさりなので,鶏だとちょっとハズレ気分。

【座席(シート)】
夕食が済んでしばらく音楽を聴いていたら寝落ちしていました。はっと気がつき,ベッド状態に直して横になったんだけど,今度は眠れなくなってしまった。

【エンターティメント】
機内の音楽チャンネルにピンクフロイドのThe Dark Side of the Moonが全アルバムとして入っていたので久しぶりにじっくり聴きました。

ピンクフロイドって日本だとオタク(というか偏屈なオヤヂ)向けのロックバンドのようなイメージがあるけれど,英語圏ではかなりメジャーで,新聞の風刺マンガにWish You Were Hereの炎の男が出てきたり,小学生バンドが文化祭でAnother Brick in the Wallを演奏したり,プログレ三波春夫みたいな位置づけです。

【機材コンディション】
ビジネスクラスのアメニティ袋が一新され,厚手の布で作った巾着袋になっていました。これがなかなか秀逸で,作りも頑丈,汎用性も高い。当時のアメニティ袋が最高だったなあ。その後はどんどん簡素化されてしまい,残念です。

【空港サービス】
成田のJALサクララウンジのバーカウンターは,かつてオークランドの和食レストラン有明で勤務経験もあるKさんが担当。まだスカイタワーもなかった時代のオークランドの思い出話を語ってくれました。

【総合評価】
清水駅前のノーフォークパインツリー,その後に周囲の整備で消えてしまいました。どこかに移植されたのか,枯れちゃったのかは不明。(追記:いまグーグルマップを見たら,2020年12月現在で再び元の場所にありました。しかも大きくなってる。一安心)。

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら
メニューを開く