エアバス・ヘリ、インドネシア空軍からH225Mを8機追加受注 | FlyTeam ニュース

国|コード
フランス | ICAO : AIB
ホームページ
エアバス・ジャパン 日本語あり
Airbus 英語あり
ベルリン・シェーネフェルト空港 - Berlin Schonefeld Airport [SXF/EDDB]で撮影されたベルリン・シェーネフェルト空港 - Berlin Schonefeld Airport [SXF/EDDB]の航空機写真

Copyright © gomaさん

エアバス・ヘリ、インドネシア空軍からH225Mを8機追加受注

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:インドネシア空軍向け H225

インドネシア空軍向け H225

エアバス・ヘリコプターズは2019年1月10日(木)、インドネシア空軍からH225Mカラカル(旧EC725カラカル)8機を受注したと発表しました。

インドネシア空軍は2014年11月に初めてEC725カラカルを導入し、現在までに6機が戦闘捜索救難任務に着いています。エアバス・ヘリコプターズとインドネシアは2008年から、EC225とEC725のテールブームや機体をインドネシアン・エアロスペース(PTID)西ジャワ工場で生産を分担するなど緊密な関係を築いています。

H225Mは現在、フランス、ブラジル、メキシコ、マレーシア、インドネシア、タイに88機が納入され、フランス空軍向けに引き渡しされた1機目から現在までに累計で10万飛行時間を達成しています。納入済みの国に加え、ハンガリー、クウェート、シンガポールとの契約も獲得しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

エアバスの航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加