レイセオン、米空軍の次期練習機T-Xから撤退 レオナルドとチーム組まず | FlyTeam ニュース

シンガポール・チャンギ国際空港 - Singapore Changi International Airport [SIN/WSSS]で撮影されたシンガポール・チャンギ国際空港 - Singapore Changi International Airport [SIN/WSSS]の航空機写真

Copyright © apphgさん

レイセオン、米空軍の次期練習機T-Xから撤退 レオナルドとチーム組まず

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:T-100練習機

T-100練習機

レイセオン、イタリアのレオナルド(旧フィンメカニカ)は2017年1月25日(水)、アメリカ空軍の次期高等練習機(T-X)コンペティションについて発表、発表済みのチームからレイセオンが離脱します。

両社はM-346を改設計し、T-100を提案するとしており、今回の発表でもその機体の性能については自信があるとしつつ、アメリカ空軍に最大の利益をもたらす様、両社によるビジネス契約の合意に至らず、両社がチームを組んだ提案は行わないとしています。

M-346はレオナルドが開発・生産する高等練習機で、イタリアだけでなく、シンガポール、イスラエル、ポーランドの各国空軍が採用しています。今後、T-X提案でレオナルドがアメリカ企業なしで提案するかの判断も待たれます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

アレーニア・アエルマッキの航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加