ANA、佐賀空港で国内初のトーイングトラクター自動走行テストを実施 | FlyTeam ニュース

メンバー評価
国|コード
日本 | IATA : NH | ICAO : ANA
アライアンス
スターアライアンス
FFP
ANAマイレージクラブ
ホームページ
ANA SKY WEB 日本語あり 英語あり
ANA Worldwide Sites 日本語あり 英語あり
羽田空港 - Tokyo International Airport [HND/RJTT]で撮影された羽田空港 - Tokyo International Airport [HND/RJTT]の航空機写真

Copyright © 美月推しさん

ANA、佐賀空港で国内初のトーイングトラクター自動走行テストを実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:テストで使用するトーイングトラクター

テストで使用するトーイングトラクター

  • ニュース画像 2枚目:現行のトーイングトラクター

全日空(ANA)は2019年2月12日(火)、豊田自動織機と佐賀空港で、トーイングトラクターの自動走行テストを実施すると発表しました。

今回の自動走行テストは、3月下旬から佐賀空港での自動走行テストのために、他の車両の通行が制限された空間で、ターミナルの手荷物仕分け場から航空機までを想定した片道約100メートルのルートを、運転手が手動操作で介入できる条件付き自動走行で往復し、貨物を運搬します。テスト期間は約2週間で、国内でトーイングトラクターの自動走行テストは初めてです。

この自動走行トーイングトラクターには、周囲の状況や目的地の位置を的確に認識し、正確に走行するための技術として、対象物にレーザー光を照射、その反射光を測定し対象物までの距離を正確に測定できるセンサを搭載した2次元・3次元LiDARによる障害物検知や自動停止・回避機能などが採用されています。今回の自動走行テストで性能を検証、改善し、2020年の実用化をめざします。

ANAと豊田は自動織機は、物流の自動化、高度化に対応すべく、新技術の開発や実用化に向けた取り組みを積極的に実施していく方針です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

全日空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加