航空機用タイヤMICHELIN Air X、ANAのA380に採用 | FlyTeam ニュース

メンバー評価
国|コード
日本 | IATA : NH | ICAO : ANA
アライアンス
スターアライアンス
FFP
ANAマイレージクラブ
ホームページ
ANA SKY WEB 日本語あり 英語あり
ANA Worldwide Sites 日本語あり 英語あり
羽田空港 - Tokyo International Airport [HND/RJTT]で撮影された羽田空港 - Tokyo International Airport [HND/RJTT]の航空機写真

Copyright © Cozy Gotoさん

航空機用タイヤMICHELIN Air X、ANAのA380に採用

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:MICHELIN Air Xを装着したANAのA380

MICHELIN Air Xを装着したANAのA380

  • ニュース画像 2枚目:離着陸を支えるミシュランタイヤ

日本ミシュランタイヤは2019年4月16日(火)、同社の航空機用ラジアルタイヤが全日空(ANA)のA380に採用されたと発表しました。ANAは5月24日(金)から、A380を成田/ホノルル線で運航する予定で、採用されたタイヤは、ミシュラン独自の技術「ニアゼログロース(NZG)テクノロジー」を採用した「MICHELIN Air X(ミシュラン・エア・エックス)」です。

NZGテクノロジーを採用した「ミシュラン・エア・エックス」は、長寿命でタイヤ交換の回数低減やタイヤ重量低減で、燃費向上と環境負荷の低減を実現しています。また、軽量化により、航空機の燃費の改善やタイヤの交換回数が減り、運航にかかる費用や時間も低減されます。

航空機用のタイヤは、乗用車用タイヤなどに比べ、高内圧で使用されるため、窒素ガスの充填後と離着陸時の高速走行で寸法が増大します。これを抑えることで、タイヤの耐久性を高め、異物による損傷を受けにくくしています。

日本ミシュランタイヤは、ANAの厳格な選定プロセスを経て、A380に採用されたことを歓迎しており、引き続き品質向上に努める方針です。

なお、ANAのA380「JA381A」は、ハワイの「空」をイメージした「ANAブルー」を用いて、「ウミガメ」のイラストが機体全体に描かれており、5月24日(金)から火、金、日の週3便で成田/ホノルル線に投入されます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

全日空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加