福岡からの雲中飛行 - ANA (全日空) 口コミ・評価

航空会社 ANA (全日空)

伊丹空港 - Osaka International Airport [ITM/RJOO]で撮影された伊丹空港 - Osaka International Airport [ITM/RJOO]の航空機写真

© mild lifeさん

日本
IATA | ICAO
NH | ANA
アライアンス
スターアライアンス

搭乗レビュー
福岡からの雲中飛行

航空会社
全日空
便名
NH262
エコノミー
搭乗日
2019/07
路線
福岡 → 羽田(東京)
総評4
4ッ星
機内食・ドリンク
4ッ星
座席(シート)
4ッ星
機内スタッフ
4ッ星
エンターティメント
4ッ星
トイレ・洗面台
無評価
機材コンディション
4ッ星
空港サービス
4ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
154
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:機内からの眺め
    ピンボケで画質が悪いが、高度3900... 続き

総評

福岡で一泊後、早く仕事が終わったので予定を一本早めての帰り便。
相変わらずの曇空だったが、雨には降られなかった。
機内は9割くらいの搭乗率か? 隣の席は空いていた。

往路と同じく『気流が悪く、ベルトサインがなかなか消えない』と言っていたが、揺れは大したことなかった。
ただ、これも往路と同じくずっと薄い雲の中を飛行。地上はほとんど見えず、相当な高度を飛んだにもかかわらず、上空にはずっと雲があった。

離陸後、7000ftまでまっすぐ上昇。その後ゆるく2回左旋回をして東へ向かった。前はもっと早く左旋回していた気がしたが、雲を避けていたのかな? あっという間に大分上空まで達していた。あとからFlightraderで見たら、同じANAの先行機よりも更に南で旋回していた。

相当な高度を取っているにもかかわらず、上空の湿度は相当に高かったらしい。
添付した写真ではよく分からないが、前縁の39000ftの高度でも前縁のボーテックスジェネレーターからベイパーを引いていたこの高度では珍しい。梅雨前線恐るべし。

東京に着いたら少し雨が降っていた。世の中のニュースとは逆。雨に降られたのは東京だけで、九州では全く降られなかった。
とは言え、はやり九州南部では被害が出ている。福岡空港と称する板付基地。前日の到着時には空自のチヌークがエプロンに留め置かれており、この日の搭乗時にはロビーから2機編隊でこちらに向かって飛んできて、着陸するシーンが見られた。通常訓練か災害派遣かは分からないが、福岡空港で空自の機体が飛んでいるところは初めて見た。(地元の人は毎日見ているのだろうが・・・)

飲み物はコーヒーをいただいた。

フライトログ

搭乗の詳細データです。

座席番号
28A
搭乗クラス
エコノミー
区間マイル
628
出発予定時刻
16:50
搭乗時刻
16:40
出発時刻
16:55
飛行高度
39000ft
飛行速度
560kt
到着予定時刻
18:35
到着時刻
18:25
予定飛行時間
90min
出発空港 天気・気温
出発ゲート・スポット
11
離陸滑走路
16
離陸時刻
17:15
到着空港 天気・気温
到着ゲート・スポット
57
着陸滑走路
34L
着陸時刻
18:20

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら

ANA (全日空)の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

メニューを開く