エアバス、初のA321LRをアルキアに納入 2020年にピーチへ | FlyTeam ニュース

国|コード
イスラエル | IATA : IZ | ICAO : AIZ
ホームページ
Arkia Israel Airlines 英語あり
Jordache Enterprises (Arkia親会社) 英語あり
スワンナプーム国際空港 - Suvarnabhumi International Airport [BKK/VTBS]で撮影されたスワンナプーム国際空港 - Suvarnabhumi International Airport [BKK/VTBS]の航空機写真

Copyright © masarunphotosさん

エアバス、初のA321LRをアルキアに納入 2020年にピーチへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:航空会社に引き渡しされた世界初のA321LR

航空会社に引き渡しされた世界初のA321LR

エアバスは2018年11月14日(水)、世界初のA321LRをテルアビブに本拠を置くアルキア・イスラエル・エアラインズに引き渡したと発表しました。A321LRは、A321neoをベースに最大離陸重量(MTOW)97トンの長距離航行に対応する派生系で、大西洋横断路線に投入できるボーイングの757-200の対抗機種、または機材更新の市場に向けて展開された戦略的な機種です。

最大航続距離は4,000海里、およそ7,400キロメートルで、飛行時間で約9時間とこれまでの単通路機では結ぶことのできなかった新たな定期便路線の開拓も期待されています。機内は、通常の単通路機より長時間の滞在になることから、航空会社は自社の戦略にあわせた快適性を高める幅広いシートの採用など、プレミアムな製品の装備も可能です。

アルキアに納入されたA321LRは、エコノミーのみ220席を装備する仕様で、エンジンはCFMインターナショナルのLEAP-1A32エンジンを搭載しています。製造番号(msn)は「8517」、機体記号(レジ)は「4X-AGH」です。

この機種は、日本の航空会社ではピーチが契約しており、2020年に初号機を受領する予定です。ピーチはアジアでのローンチ・カスタマーとなる予定です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

アルキア・イスラエル・エアラインズの搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

FlyTeam 搭乗レビュー

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加