初めての海外旅行 - ブリティッシュ・オーバーシーズ・エアウェイズ (BOAC) 口コミ・評価

航空会社 ブリティッシュ・オーバーシーズ・エアウェイズ (BOAC)

羽田空港 - Tokyo International Airport [HND/RJTT]で撮影された羽田空港 - Tokyo International Airport [HND/RJTT]の航空機写真

© Y.Todaさん

現在運航されていません。運航していた当時の情報です。

搭乗レビュー
初めての海外旅行

航空会社
ブリティッシュ・オーバーシーズ・エアウェイズ (BOAC)
便名
BOAC
エコノミー
搭乗日
1970/05
路線
羽田(東京) → ヒースロー(ロンドン)
機材
Boein 707
総評5
5ッ星
機内食・ドリンク
5ッ星
座席(シート)
5ッ星
機内スタッフ
5ッ星
エンターティメント
5ッ星
トイレ・洗面台
5ッ星
機材コンディション
5ッ星
空港サービス
5ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
932
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    現在全て運用されていません。「評価」... 続き

総評

1970年、初めて海外出張旅行に行きました。成田空港はまだ開港していなくて日本から海外へ出かけるのは主に羽田空港からの出発でした。初フライトはBOAC(英国BAの前身)、機材はボーイング707で、アンカレッジ経由のロンドン行きでした。全てが初体験、出発前に本や先輩から聞いていたことは余り参考になりませんでした。もちろん座席はエコノミーで、B707はDC8と並んで当時の花形機種でしたが、シートは左右3列づつの狭胴タイプで窮屈そのものでした。CA(当時はスチュワーデスと言いました)はイギリス人と日本人が担当し、私の列は(運悪く)イギリス人でした。英語は決して堪能とは言えず、何でも「Yes」と言っておけば食事にもありつけるだろうと高を括っていました。ほとんど無事に済みましたが「否定疑問文」で問いかけられた、コーヒーの追加で「Yes」と言ってしまい、いやいや2杯目を飲むことになりました。(笑い)
 今では目的地としなければ行けないアンカレッジ、日本から欧州へ向かうすべての便が寄港しました。デューティーフリーの店では日本へ帰る客がウイスキーやたばこ、チョコレートを求めて賑わっていたことを思い出しています。
 肩から下げるBOACロゴの入った「航空バッグ」を搭乗記念にもらいました、当時では一種のステータスシンボル的なバッグで旅行中は勿論、日本国内でも長い間愛用しました。
 高度1万メートルで済ませた「トイレ」、これも初体験でした。
現在では単なる移動手段ですが、昔は色々な意味で楽しめるフライトでした。

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら
メニューを開く