初のブリュッセル航空、1A席 - ブリュッセル航空 口コミ・評価

航空会社 ブリュッセル航空

ブリュッセル国際空港 - Brussels Airport [BRU/EBBR]で撮影されたブリュッセル国際空港 - Brussels Airport [BRU/EBBR]の航空機写真

© NIKEさん

IATA | ICAO
SN | BEL
アライアンス
スターアライアンス

搭乗レビュー
初のブリュッセル航空、1A席

航空会社
ブリュッセル航空
便名
SN3556
エコノミー
搭乗日
2018/07
路線
ボルドー → ブリュッセル
機体記号
OO-SSE
機材
Airbus A319-111
総評4
4ッ星
機内食・ドリンク
4ッ星
座席(シート)
3ッ星
機内スタッフ
5ッ星
エンターティメント
4ッ星
トイレ・洗面台
無評価
機材コンディション
4ッ星
空港サービス
4ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
535
投稿日

搭乗写真

総評

友人が空港行きのバス停まで送ってくれましたが、バスが意外と来ず、結構ギリギリなチェックインになってしまいました。

ブリュッセル航空はおそらく初めての利用。出発1時間前のチェックインで窓側をリクエストしたら、1Aなんて国内でも座ったことないような席でした。flex & fastというクラスにアップグレードされた的な感じです。機内で新聞をもらいました。

ドブロブニクから来たやや古めの319です。サベナベルギー航空時代の機材のようです。

離陸後間もなくジロンド川支流が見えましたが、まるで黄河のような色。

お腹が空いたなーと思ったら、タイミングよくクスクスの入った箱とチョコレートとお茶をいただきました。

パリ近郊の上空を通過していると思われますが、あまり都市部らしきものは見当たりませんでした。

機内誌、へぇ情報が多く、下水処理した水を使ったスウェーデンのビール、バーゼルの樹冠を縫うような歩道、欧米人に到着時ビザが認められたアンゴラの首都ルアンダの観光ブーム、ブリュッセルのフェスTomorrowland、フランダース地方で使われていない農家の不動産をリノベートしてb&bやセミナーハウスとして再生するNatuurinvest社、ボルドー近郊のArcachon湾岸の砂丘などなど。

ブリュッセル上空は曇り空で、少し到着が遅れ、降り立つと南仏よりかなり涼しく感じました。緯度が違うから当たり前なんですけどね。

フライトログ

搭乗の詳細データです。

座席番号
1A
出発予定時刻
1425
到着予定時刻
1555
出発ゲート・スポット
A18
離陸時刻
1437
着陸時刻
1553
メモ
0117

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら
メニューを開く