カナダ空軍、CH-148サイクロンの運用試験・評価を開始 | FlyTeam ニュース

フェアフォード空軍基地 - RAF Fairford [FFD/EGVA]で撮影されたフェアフォード空軍基地 - RAF Fairford [FFD/EGVA]の航空機写真

Copyright © チャッピー・シミズさん

カナダ空軍、CH-148サイクロンの運用試験・評価を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:カナダ・ノバスコシア州シアウォーター基地で6月22日に飛行したCH-148サイクロン哨戒ヘリコプター

カナダ・ノバスコシア州シアウォーター基地で6月22日に飛行したCH-148サイクロン哨戒ヘリコプター

カナダ空軍第12航空団シアウォーター基地のヘリコプター運用試験・評価施設(HOTEF)所属のクルー5名は、2015年6月22日、受領したCH-148サイクロン・ヘリコプターを同空軍機として初めて飛行させました。

CH-148は、6月19日に6機を国防省が正式に受領したばかりの機体で、シアウォーター基地で訓練と試験に使用され、最終的には世界で最も優秀な対潜水艦戦と対水上艦戦、捜索救難、汎用ミッション用の哨戒ヘリコプターになります。

CH-148 Blocl 1の地上・艦上からの幅広いミッションを網羅する運用試験・評価は、2017年まで実施され、昼夜の作戦能力を獲得します。

CH-148は、シコルスキーS-92をカナダ空軍仕様に改装した機体で、CH-124シーキングと2018年までに交代します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

カナダ軍の航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加